胃腸が弱い人へ「胃腸にいいこと」まとめ

 

 

胃腸が弱い人とは? 胃が弱い人の特徴とは?


「小さい頃からお腹が弱くて・・・」と悩んいる方とか、
「胃腸が弱くてちょっと食べすぎただけでもお腹を壊してしまう・・・」
なんて方は決して珍しく無いようです。
また、
繊細で神経の細かな人・ストレスに弱い人に
胃の疾患が多いとも言われています。

胃の不快な症状、胃が重く感じたりむかついたり鈍痛がしたりと
不快感が続く「胃もたれ」の方。
胃もたれの原因は体質や加齢によるもの、
食べ過ぎやストレスなど日常生活によるものが考えられます。

他にも、

体調 不良やストレスによる消化器系の病気は胃潰瘍や潰瘍性大腸炎など。

胃潰瘍(いかいよう)とは
胃の粘膜がただれて深く傷ついた状態のことを言います。
主な症状はみぞおちの痛みで、吐き気や胸焼けをともなうこともあります。
ストレスからくる病気として胃潰瘍は、ほとんどの原因がピロリ菌ですが、ストレスで悪化します。

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)とは
大腸粘膜が炎症を起こしてただれ、びらんや潰瘍を形成します。
症状は粘血便(ねんけつべん)、下痢、腹痛などです。
いったんよくなったように見えても、数カ月から数年後に悪化することがあります。

それから、

ストレスに対するカラダからの叫びは、過敏性腸症候群。

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは
お腹の痛みや不快感に下痢や便秘が伴う疾患で、
男性では腹痛やお腹の不快感をともなう下痢型が、
女性では便秘型になることが多いようです。
腸の知覚過敏とストレスが原因と言われていますが、
何らかのストレスが加わると、ストレスホルモンが脳下垂体から放出され、
その刺激で腸の動きがおかしくなり、
過敏性腸症候群の症状が出ると言われています。

Sponsered Link

 

そんな、胃腸の弱い方々へ
「胃腸にいいこと」をまとめてみました。

諦めないでください。
この記事を参考にしていただけると、
もしかしたら?・・・ですけれど、
改善の可能性が見えてくるかもしれません。

結論から言いますと、
食事と睡眠と運動を

心身ともに、生活全体から見直すと
胃腸が元気になり、あなたはきっと変わります。

Sponsered Link

 

 

胃腸が弱い人の特徴とは

一般に胃腸の弱い方に共通して言えることは、
胃腸の弱い方は体力に乏しく,抵抗力も低い傾向があります。
それは、食べ物の消化吸収が悪いことに他なりません。
つまり、
排便のメカニズムと言いますか、消化・吸収のメカニズムが良くないということです。
ですから、
便秘をしたり下痢になったりしますが、症状はそれだけではありません。
※腹部膨満感や食欲不振、胃痛や胸焼けも胃腸が弱い方の特徴でもあるようです。

※腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)には2種類あります。
「お腹が張って苦しい」、
「お腹が重い」、「お腹がゴロゴロする」
などの消化管にガスがたまって生じるものと、

「胃が重苦しい」、「胃に不快感がある」
など胃の運動機能が低下して起こる胃部膨満感があります。

 

栄養の吸収率が悪い人の特徴とは

一般的に、
体力に乏しく抵抗力も低い傾向の方は瘦せています。
一つの理由として
栄養の吸収率が低いことを意味しています。
小腸での栄養吸収がわるいので、なかなか栄養が脂肪になりません。
「たくさん食べれば、その分栄養も吸収されるのでは?」と普通なら思いますが、
実際は、
このように太れない人ほど「吸収率が悪い」のです。

個人個人の消化吸収のメカニズムの良し悪しや、
それぞれの消化管から分泌される胃液や胆汁の分泌量、
そして重要なのは消化吸収酵素の量です。
体内の酵素が少ないと、
食べ物がしっかり消化されません。
また、吸収も中途半端になります。

 

「胃腸にいいこと」ここからが本題です

1.胃腸が弱い人の睡眠について

起床時間、就寝時間は一定にして、
不規則にならないように、
良質な睡眠を得るのに必要な時間は7時間。
24時間のうち7時間は眠ります。・・・

続きはこちら 


2.胃腸が弱い人の運動について

動いて筋肉を動かし、
血液の循環をよくして、
胃液の分泌を活発にし、
胃の消化機能を高めます。
ウォーキングは
便秘解消効果・熟睡効果があり
一日に5~6000歩は歩きます。・・・

続きはこちら 

 

 

3.胃腸が弱い人の食事

毎日同じ時間帯に食事する。
消化の良いものや発酵食品・
塩分を控えめにして、
よく噛んで、1口 30回噛んで、
刺激食品や冷たい飲み物を控えて、
満腹ではなく腹八分目にします。
特に夕食は就寝3時間前までに
済ませる。・・・ 

続きはこちら 

 

 

4.胃腸が弱い人の自律神経・ストレスについて

自律神経について・ストレスについて

自律神経
胃や腸の消化器系の臓器は、
リラックスしているときに
よく動いていきます。
マイナスの言葉を出さないで、
いつもプラス思考。
「大丈夫、大丈夫」
ケセラセラと笑って、

副交感神経全開の
リラックスモードで元気
。・・・

ストレス
「幸不幸は心が決める」
幸せは心が決めるもの、

自分の心がけ次第で、
人生をストレスの多いものにも、
少ないものにもできるのです。
ストレスをためこんでいる限り、
胃のもたれや痛みは根治しない。
趣味や気分転換でストレス発散を。
ゆっくり入浴したり、音楽を聴いたりと、
自分なりのストレス発散法を持つ。・・・

続きはこちら 



 

5.胃腸が弱い人のアルコール・タバコについて

アルコール・タバコについて

アルコール
少量のアルコールは血液の循環を盛んにし
胃の働きを活発にしてくれるからいいね。
でも飲みすぎるとダメ。
アルコールは胃壁を刺激して、
胃に負担をかけてしまうので
飲みすぎないようにする。・・・

タバコ
タバコは胃の血行を阻害し、
胃腸の病気を引き起こすから
吸いません!!・・・

続きはこちら 

 

6.胃腸が弱い人のマッサージについて


胃腸を整えるマッサージを覚えて、
胃腸の回復が早くなるようにする。・・・

続きはこちら 

 7.胃腸が弱い人の呼吸法について

基本の腹式呼吸をマスターする。・・・

続きはこちら 

 

 

自分の体の弱い個所を知る

親兄弟親戚など近親者に胃腸疾患の方がいる方、
特に、家系的に消化器系のガンの病歴がある場合は、
遺伝的影響を強く受ける可能性が高くなり、 もしかしたら、
ご自分も将来患ってしまうかもしれません。

「胃もたれ」「胃潰瘍」「潰瘍性大腸炎 」になりやすい体質なので
消化器系のがんに気を付けましょう。

定期的なドッグ検査、ガンの検診を受けられて、なるべく早期発見に努める事が大切になります。

[消化器系]は、[消化管]と[消化腺]とから構成されていて、
[消化管]は、食物を摂取し、消化して栄養分を吸収、排泄を行うための運搬などを担っています。

そして、[消化腺]は、消化や吸収を助けるいろいろな分泌物を合成し、分泌する働きをしています。

おそらく胃腸が弱い人はこの[消化器系]の消化吸収の働きが悪かったりするのですが、
単純に胃腸が弱いから、お腹の調子が悪いだからと慢性的に思い込み、胃を強くすることに気を使う傾向があるようです。

胃腸疾患かどうかは、皆さんが一番気になるところですね。
個人の判断ではなく、専門医の診断によるものです。

「胃腸にいいこと」の改善策をご紹介する前に
「消化器系がんの日常のチェック」を記載しておきますので
お読みください。

 

消化管がんかもしれない人の特徴とは

胃腸疾患の場合
特に消化管がんを含めて細心の注意を払い、
気を付けても、
初期症状は基本的にガンであると決定付ける様な症状が出ない。
何らかの症状が出て病院で検査したら、
結構進行しているという事が一番怖いのです。

口から肛門まで、
それにすい臓、胆嚢、肝臓も含まれますので、
消化器系のがんの自覚症状は、
それぞれの腫瘍については発症部位によって違います。

詳細をお伝えするにはテーマが異なりますのでまた別の機会にしますが、

 

よく言われている
消化器系がんの日常のチェック
を簡単にお伝えしておきます。

1. 急に痩せる


先ず、よく言われていることは体重の減少です。急激に痩せてくる場合です。

特にダイエットをしたわけでも、運動量を増やしたわけでもないのに、急激な体重減少がある場合には要注意です。
ガンがカラダの中にあると、エネルギー消費の増加に加え、ガンのできた部位によっては、食欲が低下することもあり、いつも通りの生活をしているつもりでも、体重が減少してしまうのです。
直ちに専門医へ!!!

2. 下痢や便秘の便通異常

長引く下痢や頑固な便秘、下痢や便秘を繰り返す、通常の下痢止めや便秘薬が効かないといった症状の場合には、やはり、注意が必要です。
直ちに専門医へ!!!

3. 便の色の異常

ガンからの出血によるもので、胃や十二指腸のがんでは、血便は黒色に、大腸のがんでは、暗赤色から暗紫色になってきます。肛門に近い直腸のがんでは、鮮血色の血便が見られることもありますが、痔の症状と間違わないように。
直ちに専門医へ!!!

4. 進行する貧血がまずい

出血の原因は、上記のように消化器系(胃がんや大腸がん)、また泌尿器系(腎がんや膀胱がん)や婦人科系(子宮がんや卵巣がん)のこともあります。進行する貧血は、自覚症状のみではわかりづらいので、医療機関での血液検査が必要です。ヘモグロビン値の低下が見られる場合は要注意だそうです。調べてもらいましょう。
直ちに専門医へ!!!

5. 食物が咽につかえ易くなった


食道がんは初期の段階では症状がでにくいという特徴がありますが、最も多く現れる症状が、食べ物や飲み物を飲み込んだ時に、胸がしみる・胸がやける感じといった症状です。ガンが食道の粘膜や壁を浸潤し、潰瘍が生じていることによる痛みです。

直ちに専門医へ!!!

6. 胃部の灼熱感を伴う痛みは胃がんの可能性

上腹部に痛みや違和感・消化不良胸やけ胃の慢性的な痛み食後に胃の辺りに痛みを感じる食べ物が食道の奥の方でつっかえる感じがするなどお腹が張っている腹部膨満感などの症状があげられます。

7. 大腸癌の場合

便に少量の血便が認められたり、疲労感もあります。下痢や便秘の繰り返し、便の性状も細くなったりする場合もあります。
直ちに専門医へ!!!

胃腸病系だけではなく他の全ての疾患についてもノートに書き出すと、
自分の体の弱い個所が解ります。
家系が罹っている病気を知ることでその対処法が可能になります。
気になる方は調べてみることをオススメします。

ご自分の体の弱い個所を知り、
「その場所をどのように回復させていくか」
という方法を知り実践することが大切です。

 

今回は胃腸の弱さを改善する方法として、
「弱い胃腸にいいこと」をご紹介します。
お読みいただき、
実践してみては如何でしょうか?

「胃腸にいいこと」の改善策を
【完結1記事】にまとめたので長文になりました。
 解決策1~8までお読みください。

 

3兆個濃縮乳酸菌の詳細はこちら

するする~っと【爽快するりん茶S】

乳酸菌とミドリムシが1つに、毎日するっと快調 【乳酸菌ミドリムシ】

 

 

Sponsered Link

 

では、順番に説明していきます。

 

次に続きます。下のページ:2をクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ