胃腸が弱い人へ「胃腸にいいこと」まとめ

公開日 : 更新日 :

 

胃腸が弱い人とは?


「健康になりたいけど胃腸が弱いから・・・」と諦めている人とか、

「小さい頃からお腹が弱くて・・・」と悩んいる人とか、

「胃腸が弱くてちょっと食べすぎただけでもお腹を壊してしまう・・・」

なんて人は決して珍しくないようです。

胃腸が弱い人はプレッシャーに弱く、きつい仕事や過度の緊張で腹痛、下痢、軟便になりやすいようです。

繊細で神経の細かな人・ストレスに弱い人に胃の疾患が多いとも言われています。

また、

胃腸虚弱は、先天的な体質のものばかりではなく、ストレスなどにより胃腸の動きが弱くなる状態です。

怒りっぽい性格の人やストレスを発散するのが苦手な真面目な人の中にも、胃腸が弱い人が多いのも事実です。

 

胃腸が弱い人にとって特に気をつけないといけない部分は、「冷え」です。

生まれつき胃腸が弱い人は、冷えると胃腸の調子が悪くなって、さらに冷えが悪化します。

逆に生まれつき胃腸が丈夫な人でも、冷たいものを飲み過ぎたり、冷房による体の冷えすぎにより、結果的に胃腸全体が弱ってきます。

 

胃腸が弱い人の特徴とは?

 

一般に胃腸の弱い人に共通して言える特徴は、体型は体力に乏しく抵抗力も低い人は瘦せている特徴があります。

性格はまじめで几帳面で神経質、そしてストレスを受けやすく繊細です。

繊細な人は非常にデリケートで、言葉によって深く傷ついたり、ささいなことで喜んだりします。

肉体的には、疲労回復力が乏しく疲れがいつも溜まってしまいます。

辛いものを好んで食し、ついつい暴飲暴食をしてしまい、胃腸が弱い人の食生活は不規則で偏っている特徴があります。

(まあ、逆を言うと、不規則だから胃腸が悪くなるとも言えますけど)

 

胃腸が弱い人は胃腸の働きが低下して消化不良になりやすい特徴があります。

消化不良は、食べ物の消化吸収が悪いことに他なりません。

食べたものが,いろいろな原因により正常に消化吸収されない状態のことで、消化・吸収のメカニズムが良くないということです。

このように消化不良で「胃のあたりが気持ち悪い」と感じるのも胃腸が弱い人の大きな特徴です。

消化不良によって

胃下垂(胃が正常な位置よりも垂れ下がった状態)になり、胃や腸の働きが低下することで、食欲不振、胃もたれ、胸やけなど症状が起こるのも胃腸が弱い人の特徴です。

また、カラダに必要な栄養素と水を吸収することができなくなる栄養障害の吸収不良症候群になったり、栄養不足のため慢性的な下痢や体重減少・貧血などが引き起こされます。

 

小腸での栄養吸収がわるいので、なかなか栄養が脂肪になりません。

「たくさん食べれば、その分栄養も吸収されるのでは?」と普通なら思いますが、

実際は、

このように太れない人ほど「吸収率が悪い」のです。

個人個人の消化吸収のメカニズムの良し悪しや、それぞれの消化管から分泌される胃液や胆汁の分泌量、 そして重要なのは消化吸収酵素の量です。

体内の酵素が少ないと、 食べ物がしっかり消化されません。

また、吸収も中途半端になります。

 

なたには、このような「胃腸が弱い人の特徴」が少しでも当てはまりますか?

 

 

胃腸が弱っている症状・病気

 

このように「胃腸が弱い人の特徴」のある人は、次のような症状や病気になりやすいと言われています。

 

胃の不快な症状、胃が重く感じたりむかついたり鈍痛がしたりと不快感が続く「胃もたれ」。

胃もたれの原因は体質や加齢によるもの、食べ過ぎやストレスなど日常生活によるものも考えられます。

便秘をしたり下痢になったりしますが、症状はそれだけではありません。

 

腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)や食欲不振、胃痛や胸焼けも胃腸が弱い方の特徴でもあるようです。

※腹部膨満感には2種類あります。
1つ目は
「お腹が張って苦しい」、
「お腹が重い」、「お腹がゴロゴロする」
などの消化管にガスがたまって生じるもの。
2つ目は
「胃が重苦しい」、「胃に不快感がある」など
胃の運動機能が低下して起こる胃部膨満感があります。

他にも、

体調不良やストレスによる消化器系の病気は、胃潰瘍潰瘍性大腸炎などがあります。

ちなみに家庭の医学によりますと、

 

胃潰瘍(いかいよう)とは

胃の粘膜がただれて深く傷ついた状態のことを言います。

主な症状はみぞおちの痛みで、吐き気や胸焼けをともなうこともあります。

ストレスからくる病気として考えられていた胃潰瘍は、ほとんどの原因がヘリコバクターピロリ菌です。

そのため、ピロリ菌を除菌すると、胃の調子が改善する人が多くいますが、ストレスで悪化します。

参考:家庭の医学

 

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)とは

大腸粘膜が炎症を起こしてただれ、びらん(ただれ)や潰瘍を形成します。

症状は粘血便(ねんけつべん)下痢、腹痛などです。

いったんよくなったように見えても、数カ月から数年後に悪化することがあります。

参考:家庭の医学

 

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは

お腹の痛みや不快感に下痢や便秘が伴う疾患です。

男性では腹痛やお腹の不快感をともなう下痢型が、女性では便秘型になることが多いようです。

腸の知覚過敏とストレスが原因と言われていますが、何らかのストレスが加わると、ストレスホルモンが脳下垂体から放出され、その刺激で腸の動きがおかしくなり、ストレスに対するカラダからの叫びでもある過敏性腸症候群の症状が出ると言われています。

参考:家庭の医学

 

これらはほんの一例ですが、

胃腸の調子が悪い状態が長く続くようであれば、

とにかく、早めに医療機関を受診しましょう。

 

Sponsered Link

 

そんな、胃腸の弱い人へ
「胃腸にいいこと」をまとめてみました。

 

諦めないでください。

この記事をヒントや参考にしていただけると、 もしかしたら?・・・ですけれど、

改善の可能性が見えてくるかもしれません。

前出の通り、

胃の調子が悪い原因は主に、

不規則な生活、ストレス、食べ過ぎ、飲み過ぎ、喫煙、飲酒、運動不足などといわれています。

 

しかし、逆に考えれば、

 

胃腸が弱いから胃腸の病気になるのではなくて、

このような生活習慣の悪化に主な原因があるならば、

胃腸の病気は、

規則正しい生活習慣やバランスのよい食生活によって

改善・予防ができるのではないでしょうか?


結論から言いますと、

睡眠・食事・運動を心身ともに、

ストレスなどから生活全体から見直す

胃腸が元気になり、

あなたはきっと変わります。

 

Sponsered Link

 

「胃腸にいいこと」ここからが本題です

 

睡眠・食事・運動・自律神経/ストレス・アルコール/タバコ・マッサージ・呼吸法・断食 を通して、それぞれの項目をお伝えします。

心身ともに、生活全体から基本を見直すことで改善を促しましょう。

 

胃腸を強くしたい人へ

健康で長生きしたい人へ

生活習慣を見直し胃の働きを良くしたい人へ

 

是非とも、解決策のヒントにお読みください。

 

 

1.胃腸が弱い人の睡眠について (2ページ目)

起床時間、就寝時間は一定にして、 不規則にならないように、 良質な睡眠を得るのに必要な時間は7時間。
24時間のうち7時間は眠ります。・・・

続きはこちら

 

 

2.胃腸が弱い人の運動について(3ページ目)

動いて筋肉を動かし、 血液の循環をよくして、 胃液の分泌を活発にし、 胃の消化機能を高めます。
ウォーキングは便秘解消効果・熟睡効果があり 一日に5~6000歩は歩きます。・・・

続きはこちら 

 

 

3.胃腸が弱い人の食事について(4ページ目)

胃腸が弱い人の食事

毎日同じ時間帯に食事する。
消化の良いものや発酵食品・塩分を控えめにして、 よく噛んで、1口 30回噛んで、刺激食品や冷たい飲み物を控えて、満腹ではなく腹八分目にします。
特に夕食は就寝3時間前までに済ませる。・・・ 

続きはこちら

 

 

4.胃腸が弱い人の自律神経・ストレスについて(5ページ目)

自律神経について・ストレスについて

自律神経

胃や腸の消化器系の臓器は、リラックスしているときによく動いていきます。
マイナスの言葉を出さないで、 いつもプラス思考。
「大丈夫、大丈夫」ケセラセラと笑って、 副交感神経全開のリラックスモードで元気。・・・

 

ストレス

「幸不幸は心が決める」
幸せは心が決めるもの、 自分の心がけ次第で、 人生をストレスの多いものにも、少ないものにもできるのです。
ストレスをためこんでいる限り、胃のもたれや痛みは根治しない。
趣味や気分転換でストレス発散を。
ゆっくり入浴したり、音楽を聴いたりと、自分なりのストレス発散法を持つ。・・・

続きはこちら 



 

 

5.胃腸が弱い人のアルコール・タバコについて(6ページ目)

アルコール・タバコについて

 

アルコール

少量のアルコールは血液の循環を盛んにし、胃の働きを活発にしてくれるからいいね。
でも飲みすぎるとダメ。
アルコールは胃壁を刺激して、 胃に負担をかけてしまうので飲みすぎないようにする。・・・

 

タバコ

タバコは胃の血行を阻害し、 胃腸の病気を引き起こすから吸いません!!・・・

続きはこちら 

 

 

6.胃腸が弱い人のマッサージについて(7ページ目)


胃腸を整えるマッサージを覚えて、 胃腸の回復が早くなるようにする。・・・

続きはこちら 



 7.胃腸が弱い人の呼吸法について(8ページ目)

基本の腹式呼吸をマスターする。・・・

続きはこちら 

 

8.胃腸が弱い人のストレッチについて(9ページ目)

便秘を解消させるストレッチ方法/便秘予防ストレッチ方法のご紹介・・・

続きはこちら 

 

 

9.胃腸が弱い人のプチ断食について(10ページ目)

胃を休ませる 断食半日断食をマスターする。

動物は胃腸の具合が悪い時などは、一切食べないで空腹状態を維持し、自然治癒力で治すと言います。

ヒトも同じで、本来備わっている自然治癒力を呼び起こすために断食で飢餓の空腹状態をつくる。

自然治癒力で、胃腸の疲れ程度なら治すことができるかもしれません。

胃を休める断食は内臓休息を目的として得られる断食効果です。・・・

 

続きはこちら 

 

 

今回は胃腸の弱さを改善する方法として、 「弱い胃腸にいいこと」をご紹介します。

お読みいただき、 実践してみては如何でしょうか?

「胃腸にいいこと」の改善策を【完結1記事】にまとめたので長文になりました。
 

解決策1~9までお読みください。

 

3兆個濃縮乳酸菌の詳細はこちら

するする~っと【爽快するりん茶S】

 

 

 

Sponsered Link

 

では、順番に説明していきます。

 

次に続きます。下のページ:2をクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ