胃腸が弱い人へ「胃腸にいいこと」まとめ

 

ページ:8です。 ページ:7からの続きです。

Sponsered Link

『解決策 8.胃腸が弱い人の呼吸法』 を解説


便秘解消の簡単エクササイズ

内臓には体全体に流れている血液の3分の2が集まっています。
内臓のバランスが崩れると、腸が硬くなり、腸の蠕動運動が難しくなります。
蠕動運動(※ぜんどううんどう):

腸内の内容物(ウンチくん)を肛門まで運ぶ動きのことでしたよね
宿便とガスから発生した毒素が体を流れる血液を汚します。
汚れた血液は、臓器に負担をかけ、慢性疲労、消化不良、便秘、
胃潰瘍、下痢、糖尿、不眠症、生理不順、吹き出物、頭痛など、
さまざまな疾病を引き起こします。
お腹の筋肉を動かすことで、熱が発生し脂肪が分解されるだけでなく、
内臓全体が刺激されて、健康になります。

便秘解消の簡単エクササイズのやり方

足を肩幅に開いて、平行に立ち、軽くひざを曲げます。
背筋を真っ直ぐにして、お腹に手をあてて、
親指の先がおへその上にくるようにします。
この体勢でお腹をふくらませたり、へこませたりします。
最初は慣れないので呼吸は無視してかまいません、
とにかくお腹を動かすことに集中しましょう。
慣れて来たら、腹式呼吸でします。
お腹を膨らませる時に息を吸い、
へこませる時に息を吐きます。

Sponsered Link

いつでもどこでもできますので、継続してください。
そうです、これが、呼吸法の基本の「腹式呼吸」ですね。

では、呼吸法の話に移ります

普段の「浅い呼吸」を「深い呼吸」へと導き、
体と心を整えるのに役立つのが「呼吸法」です。
ストレスが多く、運動不足の現代人には、
必要不可欠な素晴らしい健康法のひとつなので、
今回、腹式呼吸と胸式呼吸を覚えましょう。

無意識に行う普段の「呼吸」に対して、
意識的に行うのが「呼吸法」。

呼吸法を行うことで、
脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)が刺激され、
姿勢が良くなります。
姿勢を支える抗重力筋の多くは、
運動時に呼吸を補助する筋肉です。
特に、
脊柱起立筋は、背すじを立てるのに重要な筋肉で
呼吸運動で強化できるからなのです。
また、
内臓や血管の働きをコントロールする
自律神経の調整をするので、
便秘や冷えといった不調の改善にも効果的なのです。

呼吸法の効果

1.心が落ち着く
 呼吸と脳は非常に密接で、リラックスに関わる脳内物質
  「セロトニン」の効果によります。
2.若々しい姿勢になる
 前出の通り、姿勢を支える抗重力筋の強化の効果から。
3.肩こり、首こり改善
 呼吸は、肩や首の筋肉も働いているので、筋肉強化の効果
 血流を良くする作用から期待される。
4.代謝アップ・ダイエット
 お腹を大きく伸び縮みさせ、呼吸に関わる筋肉に強く作用
 して筋トレ効果を得ることも、ロングブレスダイエットも
 効果的になる。
5.自律神経を整える
 最大のメリットは自律神経が整い、
 腸の調子が良くなったり、冷えも改善する。

 

腹式呼吸

お腹が膨らみ、横隔膜を上下に動かす呼吸。
吐くときにお腹をへこませ、吸うときにゆるめることで、
横隔膜を普段の呼吸より、大きく上下させる。
できるだけゆっくりと繰り返してみましょう。

《吸う》
お腹をゆるめながら息を鼻から吸う

《吐く》
口から細く息を吐きながらお腹を凹ませる

 

胸式呼吸

胸が膨らみ、肋骨を広げる呼吸。
加齢や運動不足によって、
胸や背骨の柔軟性が失われるため猫背になりやすいが、
胸式呼吸は「特に猫背を防ぐ」

《吸う》
肋骨に手を当て、
吸う
肋骨の側面を包むように、肋骨の下あたりに、
両手を当て
る。
胸を膨らませながら、鼻から息を吸う。

《吐く》
吐きながら、肋骨を戻す
口からゆっくりと息を吐きながら、
肋骨が縮まるのを意識
しながら、
胸をゆるめる。

 

 

便秘を解消させるストレッチ方法

腸の運動が鈍くなってしまっている場合の便秘には
ストレッチをしてあげることで
腸が活発になり解消できる場合があります。

ここでは便秘に効くストレッチの方法について
「カイゴ大学」様のYOUTUBE動画を5本お伝えしたいと思います。
分かり易く、とってもいいのでご紹介いたします。

体ひねりストレッチ

便秘解消体操01『体幹ひねりストレッチ』

1分23秒

体をひねることによって、
腸を活発に活動させます。

便秘に効くストレッチとしてはもっとも効果が期待できるため
まずは最初に行うようにしてほしいと思います。

①肩幅に足を開いてまっすぐ立ちます。
②両手を腰にあててください。
③左右に限界まで腰を10回ずつひねらせましょう。
④1日2セット、朝起きてすぐとお風呂に入るときに行ってみましょう。

非常に簡単でどこでもできてしまうストレッチなので
まずはこちらを試してみてください。

足上げストレッチ

続いて紹介するのは便秘に効く足上げストレッチです。

便秘解消体操02『もげ上げストレッチ

 

1分04秒

①まっすぐ立って腰に手をあてます。
②軽く足を横に開いてください。
③片足ずつ太ももが床と平行になるようにまっすぐに上げましょう。
④左右両方とも10回ずつ上げます。

足を上げることで直腸付近を活発にさせ、
溜まっていた便を排出させることができます。

寝ながらストレッチ法

便秘解消体操03『腹式呼吸』

 

1分31秒

寝ながらできるストレッチ法です。

①布団の上に仰向けに寝てリラックスします。
②両膝を立てて、足を肩幅にひらきます。
③両手をお腹に乗せます。
④鼻から大きく息を吸い込み、お腹をふくらませます。
⑤口からゆっくり吐き出します。
⑥これを10回ほど行いましょう。

腹式呼吸

便秘予防体操04『背中を反って腹式呼吸』

 

1分26秒

両手と膝を肩幅に開きます。
鼻から息を吸いながら顔を上にあげ背中をそらせます。
口から息を吐きながら両腕の中に顔を入れ背中を丸めます
10回以上やると効果的です。
背中を丸める時は、おへそを覗き込むようにすると
しっかり背筋を伸ばすことができます。

 

便意を起こす効果的姿勢

便秘予防体操『便意を起こす方法』

0分40秒

先ず、しっかり深く座ります。
カラダを反らさず上体を45度、傾けます。
毎日10分程度、座るようにしましょう。
便秘予防には適度な腹筋運動と
しっかりとした水分補給が大切です。

 

ストレッチを行う時の注意点

ストレッチを行う時は食後すぐに行わないでください。食後から最低2時間は経過してから行いましょう。

一番ベストなタイミングは起床後すぐとお風呂上りに行うと、腸が活発に動いて便秘を解消します。

また、1回に何十回も行うよりも、数回でも数分でも毎日少しずつ行う方が便秘の解消に効果的です。

是非ストレッチで便秘を解消にチャレンジしてみましょう!

 

3兆個濃縮乳酸菌の詳細はこちら

するする~っと【爽快するりん茶S】

乳酸菌とミドリムシが1つに、毎日するっと快調 【乳酸菌ミドリムシ】

 

まとめ

私も、胃腸は丈夫な方ではありません。

ですから、胃弱でお悩みの方々の気持ちがよくわかります。

あれも伝えたいこれも伝えたいと思い長文になってしまいました。

何か、ほんの一つでもヒントになったものがあれば、嬉しく思います。

 

不随意筋である胃腸は動かそうとしても、思いどうりに動きませんから。

しかし、体を鍛える事で体力は増えます。

規則正しい生活を送っていれば、細胞一つ一つが元気に生まれ変わります。

「よく動き、よく食べ、よく眠る」

これが胃腸強化の合言葉ですね。

一緒に頑張りましょう。


では、毎日元気に過ごしましょうね。

そして健康寿命を延ばしましょう。

持続的に健康を維持するための三本柱は、

1. 体に適切な栄養を与え、

2. 定期的に運動をし、

3. 日常的なストレスを解消する努力を怠らないことです。

この三本柱を実践する健康方法をいろいろな視点からお伝えすることのが
本サイト使命です。

では、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

健康ネットサンク     代表ノマー

Sponsered Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ