胃腸が弱い人へ「胃腸にいいこと」まとめ

 

ページ:6です。 ページ:5からの続きです。

Sponsered Link

 『解決策 6.胃腸が弱い人のアルコール とタバコ 』を解説

「節酒と禁煙」が結論です。



Sponsered Link

アルコールにはニコチンの快感を高める効果があると実証されています。
だから、
タバコの本数はアルコール飲酒時に増えるんです。

快感を覚えるのは、

タバコをアルコールと併用することで、脳内の神経伝達物質ドーパミン(快感ホルモン)が 多く分泌するためだとされています。
ですから、
タバコが及ぼす健康への害はアルコールと併用することによって一層高まります。

『お酒はやめなくてもよいが、
飲みすぎてはいけない。

しかし、
たばこはやめるべきだ』
が結論になります。

少量のアルコールは、血管を拡張させて血流を良くします。
また血栓をできにくくし、血管が詰まりにくくなります。

タバコは、禁煙はだれでも苦労しますが、
きっぱりやめよう。

ニコチンガムやニコチンパッチといった
禁煙補助剤を用いるのも一つの方法です。
が、
精神的依存を先ず断つ!!

食後のタバコなんてまずい!!
気分転換のタバコなんてまずい!!
お酒飲んだ時のタバコは特にまずい!!

タバコのマイナスイメージを
自分の脳に刷り込ませ、
タバコが嫌いになるように
仕向ける


タバコを吸うと、
「咳が出て、気持ち悪くなる。
肺がタールでドロドロになる。
肺の中のタールが臭う
病気で死ぬ。
長生きできない。」
と自分の脳をダマシながら言い聞かせている。
(禁煙できた私の方法)

 

 

3兆個濃縮乳酸菌の詳細はこちら

するする~っと【爽快するりん茶S】

 

 

次に続きます。下のページ:7をクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ