プチ断食半日の方法で18時間断食を毎日した体験談

 公開日 : / 更新日 :

【体験談】プチ断食半日を毎日する超簡単ダイエットで健康体になろう

断食で痩せる食事ダイエットをして、スマートできれいな身体になりたい女性の方はたくさんいます。

また断食で痩せて、お腹周りのメタボを改善したい男性も細マッチョに憧れますよね。

だから食べない断食ダイエットをして痩せようしますが、断食方法や断食のやり方を知らないと身体を壊す原因になりかねません。

実際、ダイエット断食は体質改善をして憧れの身体に近づける断食効果があります。

3日間も5日間もする断食方法と断食のやり方や知識を得ないと難しいのでキケンですが、正しい知識と酵素ドリンクという専用の飲み物を使うと意外と簡単に行えます

今の断食は昔のように「水」だけで行う、空腹感との闘いではなく、プチ断食と言われるようにファスティング酵素を使うと簡単になっています。

それは断食ファスティング用の酵素ドリンクがあるからできるようになり、断食ファスティングはどなたでもできるように指導してくれるファスティングマイスターの人達の存在と共にとても進化しています。

断食効果を最大限に得るにはファスティングを3日間ではなく、5日間以上する方が良いと言われています。

それは、断食3日間以上ファスティング3日目以降からが血液浄化の本番であり、脂肪燃焼とデトックス効果、人間の60兆個の細胞を修復する本番であり、ケトン体の分泌も増えてくるのでファスティングは、5日間の時間が必要だと言うことです。

断食は、ダイエット・メタボの改善効果ばかりでなく素晴らしい断食効果があります。

例えば、主な断食効果は、

●血液の浄化・・・食べないことで肝臓・腎臓が血液の浄化を行う
●便秘が改善される
●胃腸が元気になる
●美肌になる
●カラダの免疫力が上がる
●精神的安定で脳が活性化する

このように、断食で内臓休息を目的として得られるファスティング効果が素晴らしいのです。

プチ断食半日は、この断食の一番最初の段階なのです。

半日断食の基本は朝食を抜くこと。

今回は「一日三食」から「一日二食」に減らして、朝食を摂らないライフスタイル・プチ断食半日を毎日を実践しているファスティング体験者の管理人ノマーがご紹介します。

 

Sponsered Link

一日二食・断食酵素生活を実践して健康で痩せやすい体質に変化させることです。

少食・空腹時間を作る断食生活で免疫力を高めることができますので、少食・断食生活で体質改善に取り組むことができます。

基本は朝食を抜くことですが、なぜ朝・昼・夕・の3食うち朝食を抜くのがいいのかお分かりですか?
その理由も後で回答しますね。

 

Sponsered Link

 プチ断食全般のファスティングのやり方や方法・ファスティング効果・ファスティング酵素ドリンクなどをまとめた記事がありますので下の写真をクリックしてご覧ください。

 プチ断食デトックス効果 まとめ  

 

今回は、プチ断食ダイエットシリーズ 2

プチ断食のファスティング半日断食について,

実践者のノマーが

ファスティング半日断食 効果・半日断食 やり方・半日断食ダイエットを詳しく分かり易く、ご紹介いたします。

 

 

目次

初心者におすすめなプチ断食半日のダイエット断食とは?
基本情報から

ファスティングダイエットは主にプチ断食1日間・プチ断食3日間・プチ断食5日間以上・そして今回のプチ断食半日とありますが、初心者に一番おすすめなダイエットはこのプチ断食半日の食事ダイエットです。

ファスティング半日断食とはプチ断食の半日コースです。

ファスティング半日断食は、文字通り半日の間何も食べない断食療法のことです。

ファスティング半日断食は一番簡単な一番短時間でできる、断食効果が望める健康方法です。

この半日プチ断食の、断食(だんじき)とは、食物を断つこと。

プチ Puchi とは、「小さい」「少し」「微妙に」を意味する接頭語です。

ファスティングとは、英語でfasting。 Fast=断食する、という意味の言葉です。

食事 ダイエットとは、「食べる量を減らすこと」という意味でとらえていると思いますが、太っている人は体脂肪を減らすような食生活を目指して、逆にやせている人には体脂肪を増やすような食生活を目指すことで、健康的に生活できるようにすることが本来のダイエットです。

何も食べないプチ断食ダイエット方法のことで、すごい簡単でシンプルなのに健康なカラダになっていくダイエットのことを言っています。

 

 

Sponsered Link

その半日断食のやり方は、朝食を摂らないダイエット方法、もしくは、朝食をファスティング酵素ドリンクに置き換える食事方法です。

基本的には同じですが、野菜ジュース、青汁などで置き換える方法よりも酵素ドリンクを利用する方が手っ取り早く、簡単で、確実に、空腹感を抑えられるので人気があります。

 

ルールは簡単

一応プチ断食ですから効果を成功するための決まりがあります。

それは、


固形物を一切食べないで、プチ断食用の飲み物だけを摂取しながら18時間毎日行うプチ半日断食ダイエットです 。

2
プチ断食用の飲み物は、
断食水・白湯・断食梅干し・ファスティング酵素ドリンク・ノンカフェイン茶のルイボスティーなど

3
その他のファスティングダイエット方法(プチ断食1日・プチ断食3日・プチ断食5日)も基本ルールは一緒です。

4
朝食を抜き、代わりに酵素ドリンクを飲む。

5
酵素ドリンクは濃縮野菜酵素ジュース。

6
置き換えダイエットには無添加の酵素ドリンクがおすすめです。

基本的に断食専用の酵素ドリンクが良い 。

7
飲み物は、ノンカフェインデトックス茶。デトックス茶は、ルイボスティーが最高、おススメです。

8
水は1日1.5~2リットルを目安に飲むようにしましょう。

9
水は温めて白湯にして飲んでも大丈夫です。

10 
水分不足にならないこと。

11
間食・夜食は食べない。

12
アルコールは禁止。タバコも禁止。
(断食18時間はなるべくひかえましょう)

13
食事は食べる量を腹八分目の少なめに。食事は常によく噛んで食べよう。

14 
夕食を摂ってから、18時間、食事を摂らないこと。

15
夕食は、なるべく午後8時以前にとる。

半日プチ断食/ファスティングの準備は、前日の夕食時刻から始まっています。

ご自分の職場の昼食時間帯に合わせるように前日の夕食を摂るといいのですが、

例えば、

一般的に職場の昼食時間帯は正午~午後1時までなので、その時刻から18時間さかのぼると前日の午後6時になります。

午後6時~7時の時刻に夕食を摂ると理想的なのですが、

毎日規則正しく同じ時刻に摂れない場合は、16時間~18時間という許容範囲があります。

要は、内臓休息・空腹時間を可能な範囲で多く取ることが目的なので、臨機応変に対応しましょう。

16 
【朝食置き換えダイエットを酵素ドリンクでした場合】

例えば、

前夜の19時に夕食を食べ、翌日の朝食を抜いて午後13時に昼食を食べると、通算で18時間、ファスティングをした計算になります。

おすすめなのは、

朝食を酵素ドリンクに置き換え、きちんと栄養素を摂取するので、脳へのエネルギー供給不足が全く問題になりません。

 

半日断食の目的は18時間の内臓休息

毎日18時間の内臓休息で胃を休ませると、代謝をあげ易いカラダになり、半日断食を毎日、長期間続けると、断食効果で胃が小さくなって少食になり、結果的に体重が減少します。

要は、18時間食事を摂らないでいることで、内臓器官に内臓休息を与えるので、慢性疲労を改善することができます。

「18時間」の意味するところは、ヒトのカラダは、摂取した食べ物を消化・吸収してから不要なものを体外へ排泄する準備が整うまでには約18時間ほどかかるとされているヒトのメカニズムを意味するものです。

この18時間うち、

胃の中に食べ物が停滞する時間は2~4時間、

(タンパク質の肉類などは消化に時間が掛かるので4時間以上も胃の中にとどまります)

その後、

小腸で7~9時間かけて消化吸収され、

大腸で残りの栄養素と水分が吸収された後に、

最終的に25~72時間かけて便として排出されます。

この18時間の消化・吸収・排泄のメカニズムを知れば知るほど、

『一日三食』食べると一回の食事で摂取した食べ物を小腸で消化吸収しきれないうちからまた新たなたべものを入れることになるため、内臓に大きな負担をかけていたことがわかると思います。

分かり易く、

『一日三食』の食事の時系列で言うと

1. 例えば、前日夜19時:夕食を摂るとします

2. 今日の朝7時に朝食を摂ると、前日19時の夕食から12時間経過

3. 今日の昼12時に昼食を摂ると、朝食から5時間経過

4. 今日の夜19時の夕食を摂ると、昼食から7時間経過

このように一般的な『一日三食』の食事ですと、この18時間の消化・吸収・排泄のメカニズムは休むことができません。

ちなみに、

『一日二食』の食事の時系列は、

1. 例えば、前日夜19時:夕食を摂るとします

2. 今日の昼13時に昼食を摂ると、前日夜の夕食から18時間経過

3. 今日の夜19時の夕食を摂ると、昼食から6時間経過

このように『一日二食』の食事ですと、この「18時間の消化・吸収・排泄のメカニズム」をしっかり休むことができます。

いかがでしょうか。

知らなかった方は、今回知ることが出来て良かったですね。

生涯に渡り無休で内臓を働かせるブラック企業のようになるところでしたね。

早速、今日の夕食後から明日の朝食を食べないで、明日の昼食まで痩せる断食すれば、大切な内臓達に18時間の臨時休養を与えることができますよ。

お試しでやってみてください。

これを機に、『一日二食』にするとあなたのカラダのコンディションも良くなってくると思います。

 

少食は健康

生活の基準にすると

今よりも 免疫力や代謝力を促進し、

健康体を作り、

病気にもなりにくい カラダになります。

 

1日の食事のうち1食をを抜き、
代わりにファスティング酵素ドリンクを飲む

酵素ドリンクは濃縮野菜酵素ジュース。

置き換えダイエットには無添加のファスティング酵素ドリンクがおすすめです。

私はこれで『一日二食』にできました

 

 

1
消化・排泄の機能が高まることによって、便秘を改善する効果があります。

2
朝食を酵素ドリンクに置き換え、きちんと栄養素を摂取した方が、脳へのエネルギー供給不足にならずに済みます。

3
ヒトのカラダにはブドウ糖が不足すると代わりに脂肪を分解して『ケトン体』をエネルギー源として使い始める機能があります。
4
ヒトのカラダはブドウ糖がなければケトン体をつくるだけなので、だんだん『ケトン体』をつくりだすことにカラダが慣れてくれば朝食抜きでも空腹は感じなくなります。

 

空腹のお話を少しします

 

 

 

ダイエット飢餓感とは?

そもそも、なぜ、断食なのでしょうか?

断食効果は、なぜ起きるのでしょうか?・・・

それは、空腹の時に、

飢餓状態のカラダに現れる4つの現象から来ています。

2000年に米国マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ教授が証明しているのですが。

その4つの現象とは、

空腹の時に「オートファジー」「オートリシス」「アポトーシス」などの現象が現れるほかに、細胞の中の「サーチュイン遺伝子」が活性化することだそうです。

その中で、どれも重要ですが、特に今回注目するのは、

「オートファジー」「オートリシス」そして「サーチュイン遺伝子」です。

オートファジーとは、

栄養を失って飢餓状態に陥った細胞が、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みのひとつです。

口径で必要な糖分が摂取できなくなると、身体は体内から糖を補おうとします。

まず、肝臓に蓄積されているブドウ糖やグリコーゲンから糖を補います。

これらが無くなれば糖新生(とうしんせい)という代謝を行います。

『糖新生』は、筋肉を分解してタンパク質をアミノ酸にして、アミノ酸からブドウ糖を作って脳エネルギーにします。また細胞内に蓄積していたゴミたんぱく質、古いミトコンドリア、その他細胞内の不要物をバラバラに分解し、新しくたんぱく質をリサイクルする事で栄養を確保します。

この仕組みは自食(じしょく)とも呼ばれます。

生き延びるために自らを食べる作用です。

人が遭難した時に何日も食べずに生きていけるのは、オートファジーの機能で自分自身の細胞をエネルギーとして利用しているからだといいます。

(大隅良典先生はこのオートファジーの研究で2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞されました。)

 

オートシリスとは、

動物が飢餓状態にさらされた時に、正常細胞が過剰な糖分、脂肪、タンパク質や病的細胞などを食べて栄養にして生き延びようとする現象。

これもオートファジーと似た現象ですね。

ダイエットで食事制限をすると、エネルギーを食事から得られないかわりに、お腹の脂肪をエネルギーとして消費する。

これも広い意味でオートシリス現象と言えますね。

 

サーチュイン遺伝子とは、

飢餓状態とは日常的な空腹感のこと。

歴史で見ると、飢餓状態にあった時代のほうがずっと長く常につきまとってきました。

飢餓が長く続くと、生物としてもっとも重要な使命である“子孫を残す”ことができなくなってしまうので、飢餓の恐れが出てくると、繁殖できるまで生殖力を維持しようとします。

つまり、繁殖できるまで健康を維持させ、身体の老化を遅らせ、生殖力をできるだけ延ばすように身体の活性化を始めます。

現代は飽食の時代で、つまり、食べ物があふれ、快適な環境で生活できる現代人は、「生命力遺伝子」が本領発揮する場がなく、老化や病気に対して弱くなっています。

このように、生き物は空腹感を感じると細胞の中の「sirtuin(サーチュイン:長寿)遺伝子」が活性化すると言うことをご存知でしたか?

まるで夢のようなサーチュイン遺伝子です。

この遺伝子をうまく活用すれば、誰でも簡単に、若く健康な体を維持できるようになるそうです。

サーチュイン遺伝子は、プチ断食やファスティングを開始して12時間すると細胞の核の中にあるDNA遺伝子を細胞レベルで修復し始めててくれます。

しかし、何時間も空腹状態を維持しなければいけないと言う訳ではありません。

若返り遺伝子にスイッチを入れれば良いのです。

スイッチを入れることによって、体内の細胞が活性化し、健康効果が得られます。

このスイッチを入れる方法は、空腹状態を30分~60分間保つことだそうです。

サーチュイン遺伝子は、別名「若返り遺伝子」と呼ばれ、人間の60兆個の細胞の中の遺伝子をすべてくまなくスキャン点検して、損傷した遺伝子があれば修復してくれます。

サーチュイン遺伝子が活性化すれば、脳の機能が向上したり、肌の老化を防いだりと、様々なアンチエイジング効果がもたらされる。

この断食効果を結果的に言うと

肌がきれいになったり、薄毛が治って髪の毛が生えてきたり、老化防止の役目を果たすので、健康には欠かせないものなのです。

頭のてっぺんからつま先まで、全身の老化にブレーキをかける遺伝子なのです。

病気・・・例えばガンとかは 遺伝子異常から来ると言われていますし、遺伝子異常から再生した細胞が肉体をつくり上げるので、ガンになるとも言われています。

適度な空腹は最高の老化予防というわけです。

 空腹状態を30分~60分間

どうすればサーチュイン遺伝子をオンにできる“選ばれし人”になれるのか。

「カロリーを制限することです。特に“一日二食”の食事がカギになります」

 

 

これですね。!! キーワードは空腹!!

いつまでも健康で長生きするには、日常的に空腹感を感じることが大事だという。

飽食の時代である現代は、食べ過ぎていることが寿命を縮めていることの原因になっているとも言われています。

最低でも1日1回、空腹の時間を設けること、そしてお腹が減ってから食事をする(減ってないなら食べない)ことなどを心がけることによって、健康・長寿を心がけたいものですね。

 

脂肪を燃焼させて、糖を作り出す仕組み「糖新生」

極限の空腹状態で活動し続けることによって体内に起こる現象とはどうなるでしょうか?

空腹感を感じるということは、エネルギー源であるブドウ糖が不足しているわけですが、

極限では、体内にストックしてある脂肪などを燃焼させて、活動するために糖を作り出していきます。

その結果、食事を摂るまでには、脂肪が取り崩されることにより、血糖値が元のレベルに戻り、強烈な空腹を感じない状態になっています。

でも通常は違います。

空腹状態で活動し続けることをしません。

空腹を感じた時には、活動をすることもなく、そのまま食べ始めてしまいます。

そのため脂肪を燃焼させて、糖を作り出すというところまでいかないので、血糖値が下がった状態のままで食べることになります。

その結果、血糖値が元のレベルに戻るまでの間は、空腹感で食欲が続きますので、食べ過ぎてしまうわけです。

 

 

 

私の体験談を少しお話します

 

きっかけは、自覚から

自分の体型は全くおデブではないのに、「なんか最近、お腹でてる?」と 自覚してましたが、長い年月をかけて、お腹周りがメタボになっていたんです。

デスクワークなので、朝のウォーキングしか運動してないし、食事したらすぐに仕事するのでずーっと座りっぱなしなんです。

座りっぱなし、これもかなりカラダによくないですが、とにかく、お腹周りがメタボ化してました。

長い年月をかけて、ジワジワとメタボ化してきました。

あるとき、

「あれ~ノマーさんのお腹ケッコウ出てますね~!」とセクハラめいたことを小学生のように平気で言う妻の友人女性の言葉に傷つき、半日断食・置き換えダイエットを始めたのがいつの間にか習慣化しています。

妻の友人の言葉に傷ついた日(笑う)

今更、腹筋運動をして痛い思いをするのは嫌だし、こうなれば、クリスティアーノ・ロナウドのシックスパッドをお腹につけてみるかと真剣に思っていました。

 

何か手立てがないか、ネットサーフィンしていたら「断食で痩せます」のタイトルに誘われて、初めて酵素ドリンクファスティングをするために、定番商品だという「優光泉:ゆうこうせん」をネット購入して、朝食に置き換えて、プチ断食をしました。(具体的です)

(商品の実名入りでかなり具体的です)

購入したものは「優光泉」スタンダード味 1,200cc、ネット購入で8,500円、(定期購入だと少し安い6,900円)でした。(具体的です)

飲み方は、説明書通りに行い何の違和感もなく、味はまあまあです。

中身は無添加と記載されているので安心しているせいか違和感なく(お水以外のもので割れます。

お好みで付属の炭酸水で割ったらもっとおいしかった)、空腹感も全くなく半日断食・置き換えダイエットができたのを覚えています。

20日間くらい(まるまる1本を使い切った)継続してみました。キツキツだったジーンズのウエストが少しゆるくなり、体重も1.5~2㎏くらい減少してました。

始まった【一日二食】の食生活

午前中、固形物を摂りません

朝、起きてすぐに白湯を飲み、

その後30~40分間のウォーキングを楽しみ、

朝食に置き換えて酵素ドリンク「優光泉:ゆうこうせん」の20ccを100ccのお水で薄めて、グイっと飲みます(1回目)。

10時頃に同様に薄めたものをグイっと飲みます(2回目)。

昼食前に必ず、同様に薄めたものをグイっと飲みます(3回目)。

たったこれだけでした。説明書通りです。

誰でもできます。難しいことは全くありません。

 

 

 

【一日三食】から【一日二食】の食生活

子供のころから、ヒトは【一日三食】食べるものとして、『朝食を抜くのはカラダによくないからしっかり食べなさい』と刷り込まれて成長してきたので、とても不健康に感じました。

しかし、一日三食の生活は、まだ200年にも満たない浅い習慣で、日本人が一日三食になったのは、近年の江戸時代中期以降から明治時代以降になってからで、それまでは昼食と夕食だけだったんです。

やはり現代人は食べ過ぎです。

【一日二食】が人間のカラダにはちょうどいいのかもしれません。

 

一日二食で過ごしています

「 朝食抜きで、普通量のランチと普通量の夕食です。

間食はしません。

食事は野菜・発酵食品が中心で、たまに、お魚(ひもの)とお肉はチキンのみ、四つ足動物の豚・牛は心境の変化で、2年前から「単純に、可愛い同じ哺乳類で可哀想だから」一切食べることをやめました。

乳製品も極力摂りません。

本当はチキンもやめたいのですが、食べるものがなくなるので続けています。

でもベジタリアン=菜食主義者になるつもりありませんし、

そんな『執着』や『こだわり』もありません。 」

 

とても健康です。

体重も標準、タバコもとっくに止めました。

健康ブログ書いているので、
カラダにいいことして、色々お伝えしなければと思っています。

午前中の活動は、デスクワーク中心の自分には、前夜までに摂取したエネルギーだけで充分間に合います。

前日の夜までの食事のエネルギーは、血液中にたっぷりあり、余分な分はグリコーゲンや脂肪として蓄えられています。

血液中の栄養素が少なくなると、グリコーゲン、次に脂肪がエネルギーとして使われるので、早朝、軽めの有酸素運動のウォーキングで体幹トレーニングをして、脂肪燃焼をしています。

朝食を抜いたくらいで、カラダがエネルギー不足になることはまずありません。

南雲吉則先生が提案する「一日一食」の食事方法が話題を呼んでいますが、「夕食のみの一日一食」で、 一日の総摂取熱量は515kcalだそうです。

「一日一食」にするのに5年くらいかかったそうです。

私の場合

「一日一食」はかなり厳しそう。

でも酵素ドリンクの優光泉があれば大丈夫かもしれませんね。

 

酵素ドリンク優光泉で朝食の置き換えダイエットする4つの理由

1.
酵素ドリンク優光泉で朝食の栄養とカロリーはしっかり摂る。

何も食べない朝食抜きのダイエット方法は摂取カロリーが基礎代謝以下になると危険です。

基礎代謝以下のカロリー量で過ごすということは、常に生命活動レベルのエネルギーが不足するという危険な状態ということです。

九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」

2.
朝食の固形物は摂らずに酵素ドリンク優光泉と水分だけで栄養とカロリーを摂取。

18時間食事を摂らないでいることで内臓休息を与えるので、慢性疲労を改善することができます。

酵素ドリンク「優光泉」

3.
『糖新生』を起こさせない!!

『糖新生』は、筋肉を分解してタンパク質をアミノ酸にして、アミノ酸からブドウ糖を作って脳エネルギーにします。

これは生命危機になった時に必要な機能ですが筋肉量が落ちてしまいます。

4.
『糖新生』を起こさせない!!
アミノ酸のサプリメントを一緒にいただくと『糖新生』の予防になります。

 

 

半日断食による効果とは

 

空腹状態の胃のメリット

人前でお腹が鳴るのは、恥ずかしいですね。

空腹になるとお腹が『グーッと』鳴った経験のある方は多いと思います。

胃が強く収縮するからで、『空腹期収縮』と呼ばれるものです。

胃が波打つように動くのは、胃の中に食物が入っているときだけではなく、食物の入っていない、空腹のときにも波を打ちます。

胃の中には食物自体がなくても、食物のカスや、胃から剥がれ落ちた細胞などの「ゴミ」があります。

食事が終わり、胃がすべての消化物を十二指腸へ送り出してから70~80分後。

この収縮が胃で起こると、それを受けて小腸の方でも次々に収縮が起こります。

強く収縮することで、中にあるものを絞り出すように先へ先へと運んでいるわけです。

そして、このような強い蠕動(ぜんどう)運動の結果、胃や小腸の中が空っぽになる。

つまり、

『グーッと』鳴るとき、おなかの中では大掃除が行われていて、次の食物を受け入れる準備を整えていると考えられています。

個人差はありますが、空腹期収縮は90~120分間隔で(15回から30回)繰り返し起こることが分かっています。

このような消化管の運動を調節しているのが、十二指腸から分泌される『モチリン』という名前のホルモンです。

このホルモンは空腹時間が延びるほど分泌量が増加しますので、

『グーッと』鳴ったからといって、すぐには食事を摂らない方がいいです。

せっかくおなかをきれいに掃除してくれているのですから、空腹期収縮の90~120分は待ちましょう。

そして、

強収縮が起きやすいのは夜間です。

睡眠中に何度か収縮してすっかり掃除し、朝、それを便として出す生理リズムがあります。

前出の通り、体内時計では、朝の午前4時頃から昼正午頃までを「排泄」の時間としています。

ちなみに、食後の働きはどうでしょうか?

食べたものから栄養を吸収するには、ドロドロになるまで消化されている必要がある。

食後の胃は、食べたものをこね回して物理的に破砕し、吸収しやすくする役割を担っていますね。

凄いです。

だから

空腹の時間帯を持つことは胃腸にはとても大切です。

断食をすると胃腸を休ませることができ、さらにその掃除を徹底的に行ってくれます。

 

半日断食では脂肪燃焼もデトックス効果も得られません。空腹時間が足りません。

半日断食時間が18時間程度なので、デトックス効果を得るにはほど遠いです。

消化・排泄の機能が高まることによってカラダの中に溜まっている老廃物が外に出ていくデトックス効果はファスティング3日目から始まります。

 

抜粋

脂肪燃焼は、ファスティングの目的や醍醐味でもあります。

脂肪燃焼と言うのはファスティングの3日目から始まると言われています。

1日目・2日目は肝臓のグリコーゲンからの糖分を使ってエネルギー供給源にするのですが、それが底をつくと、その後、体脂肪・内臓脂肪・皮下脂肪を燃やしてエネルギーに変えてゆきます。

脂肪燃焼が始まると同時にデトックスが起こってきます。

なぜ、脂肪燃焼が起こるとデトックスが起こるのでしょうか?

私たちの脂肪組織の中には有害物質が溶け込んでいます。

日頃、食品で摂るような野菜に含まれる農薬だったり、食品添加物だったり、大気中に含まれる有害金属だったり、そういったものが脂肪組織に溶け込んでいます。

脂肪燃焼が起こることによって血液中に放射されす。

放射されてファスティング中は水分をたくさん摂りますので、尿や便で体外に排出されます。

プチ断食・ファスティング中は水分をたくさん摂るので(必ず水分は多めに摂らないといけません)、尿とか便で体外へ排出されます。

この脂肪燃焼によってデトックスされる時、一時的に頭痛とか悪心(おしん:気持ちが悪くなる)などの症状が出てきます。

一時的にカラダの血液中に毒を盛られたような状態になると想像していただけると分かり易いです。

これを『好転反応』と言います。

日頃カラダに悪いものを食べている方がプチ断食・ファスティングをすると、脂肪燃焼が始まると同時に『好転反応』が起きます。

でもそれは、水分補給、特にノンカフェイン茶の「ルイボスティー」を摂っていただくと、「ルイボスティー」の利尿作用でどんどん尿を出して体外に排出できます。

そうすることで『好転反応』は一時的な反応なので、すぐに治まりますのでご安心ください。

逆に『好転反応』が出るというのは、デトックスされている証拠でもあり、脂肪燃焼が始まったんだという目安にもなります。

『好転反応』は人によって度合いが違います。

毒が溜まっている人は強く出ますし、日頃から食事に気を使っている人はそんなに強くはないと言われています。

抜粋:プチ断食デトックス効果は、なぜ3日目からなの?
    http://kenkou-net-thank.com/food/petit-fasting/ ‎

 

このように半日断食では『好転反応』は起きませんのでご安心ください。

 

1.
朝食を酵素ドリンクに置き換え、きちんと栄養素を摂取した方が、脳へのエネルギー供給不足にならずに済みます。

2.
ヒトのカラダにはブドウ糖が不足すると代わりに脂肪を分解して『ケトン体』をエネルギー源として使い始める機能があります。
3.
ヒトのカラダはブドウ糖がなければケトン体をつくるだけなので、だんだん『ケトン体』をつくりだすことにカラダが慣れてくれば朝食抜きでも空腹は感じなくなります。

 

基本は朝食を抜くことですが、なぜ朝・昼・夕・の3食うち朝食を抜くのがいいのかお分かりですか?

 

生理学では、「吸収は排泄を阻害する」という理論があります。

食べ物を摂取して、消化・吸収している限り、排泄のための器官は充分に働きだしません。

一方、消化・吸収のための器官が休んでいる間は、排泄のための活動が活発になり、毒素も体外へ排出されます。

つまり、「吸収しないと排泄がよくなる」その結果、血液中の老廃物も少なくなり、血液は浄化されるのです。

ヒトの体内時計が管理している機能習性から、生理的に午前中は「排泄」の時間となるように消化活動を休止することができます。

ちなみに

人体の生理リズムは、次の3つに分けられるといいます。

(1)
正午から午後8時までは「栄養補給と消化」の時間
昼・・・食べた物を吸収・消費する時間

(2)
午後8時から午前4時までが「吸収と代謝」
夜・・・食べたものを代謝する時間

(3)
残りの午前4時から正午までを「排泄」の時間
朝・・・消化や排泄の時間

このリズムを崩さないためには、食事の時間や就寝、起床の時間をある程度決めて、それを守るようにするのがポイントです。

 

 

空腹になると、成長ホルモンが分泌

空腹になると、満腹状態よりも成長ホルモンが多く分泌される傾向にあります。

「成長ホルモンって、子供の頃、急に背が伸びた時のあれですか?」

そうです。

成長期が終わった後の大人にも分泌され続けるということは意外と知られていません。

中学生くらいの成長期をピークに次第に減少していくのもの、大人にとっても、生涯を通して分泌されるホルモンで、成長ホルモンは非常に重要な役割をしているのです。

空腹になると胃からグレリンというペプチドホルモンが分泌されます。

グレリンは、脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促進します。

空腹になると分泌されて、食欲を増進させる作用があります。

食事の前には空腹感を感じていますか。

もし空腹感を感じていないようでしたら、食事の量が多いのかもしれません。

成長ホルモンは空腹時に分泌されるため、空腹感を感じるように食事の量を調節しましょう。

分泌を促すには

しっかりとバランスよく食事を取り、食べ過ぎず、適度の運動をして、充分な睡眠を取ることです

つまり、食事と運動と睡眠の持続的健康維持の基本です。

①バランスよく食事を取り、食べ過ぎず
②適度の運動をして
③充分な睡眠を取ること

 

成長ホルモン主な作用

1
身長を伸ばす:骨の成長を促す

2
筋肉や骨を作る:成長ホルモンはアミノ酸の量を増やすことで、筋肉でのタンパク質合成を促進します。

3
代謝を良くする:成長ホルモンには代謝を上げるアンチエイジング作用も

4
老化防止

5
成長ホルモンには脂肪分解作用がある。
成長ホルモンには体脂肪を減らし、脂肪を分解する作用があり、ダイエット効果が期待できます。脂肪をためにくい、太りにくい体を作ることができます。

6
成長ホルモンはエネルギー代謝を上げる

7
バストアップにも成長ホルモン

8
骨粗しょう症の予防にもなる

 

 

「長寿遺伝子」、「若返り遺伝子」ともいわれるサーチュイン遺伝子を活性化する

 

前出でもご説明した通り、

プチ断食やファスティングをやって12時間くらいすると『サーチュイン遺伝子』っていう延命長寿遺伝子と言うのが出て、細胞の核の中にあるDNA遺伝子を細胞レベルで修復してくれます。

人間の60兆個の細胞を修復します。

最新のアメリカの研究では人間の細胞は100兆個くらいあるみたいですけれども、その古くなった遺伝子や傷の修復をします。

「サーチュイン遺伝子」は、若返り遺伝子とも言われます。

この遺伝子は、誰もが持っていて全身の細胞に存在しています。

普段は眠っていますが、断食やカロリー制限をすると、サーチュイン遺伝子からサーチュイン酵素が作られます。

この酵素が別の遺伝子のスイッチをオンにする役割を果たすのです。

免疫細胞をおとなしくさせ、血管の老化を抑えたり、傷ついた遺伝子の修復をしたり、なんと100以上の方法で老化にブレーキを掛けてくれるというのです。

その結果、肌や筋肉、血管などの若さが保たれるのです。

この遺伝子が活発に働くことによって、健康を維持できるだけではなく、老化を抑えて若返りを期待できます。

断食などをして空腹状態を維持することで、この長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子が活発に働くことが分かっています。

ファスティング開始から12時間くらいすると終始得られる効果ですが、半日断食は18時間の空腹時間なのでほんのわずかな時間になります。

この素晴らしい恩恵をたくさん得るには、断食時間の長い次のステップの1日断食とか3日断食を行うといいですね。

 

 

半日断食 飲み物

固形物がダメな半日断食は、前日の晩御飯から当日の昼食までの18時間を水分だけで過ごします。
この半日断食は1回とか1週間とかではなく、できるだけ長期に渡って『一日二食』を習慣化できると、体質改善ができて、基礎代謝も上がり太りにくい体質になります。

結果、嬉しいダイエットにつながります。

これまでお読みいただき、内臓を休めて、空腹になることの重要性をご理解いただけたと思います。

一日のうちに何時間かは空腹の時間を設けるといいですね。

これらの効果を得るには、特に痩せやすいカラダになるには、決心して続けることです。

「継続は力なり」です。

三週間は続けてほしいですね。

私の体験談でも書きましたが、私は、ネットで予め調べて知識を得てからこの半日断食に挑戦しました。

その時思ったことが、

お腹を空っぽにすればいいのだけれど、脳が空腹感を感じてしまい「お腹減った、お腹減った」と言わないように空腹感を取り除けばいいので、専用の酵素ドリンクを利用する方法にたどり着きました。

「餅は餅屋」

やはり、

その道のことはやはり専門家が一番であるので。

とにかく酵素ドリンクは栄養価が高く空腹感を抑えてくれます。

例えば、水分の代わりに市販の野菜ジュースを飲んだとします。

市販の野菜ジュースは安く手軽ですが糖分が多いので毎日飲めないし、まずお腹の足しにならない。

青汁とかも値段の割に確実性がなく空腹感との闘いになるのも時間の無駄なので、だったら、やはり専用の断食用酵素ドリンクを試しに使ってみようと思いました。

口コミとか、断食経験者の成功談とかファスティングマイスター談とか、口を揃えて、酵素ドリンクを使うことは基本中の基本と言っています。

私の場合。

いずれ1日断食から3日断食を経験して、断食効果をフルに味わえるような5日断食ができるようにと思っていましたので酵素ドリンクに決めました。

酵素ドリンク


酵素ドリンクは意外と高価なのに驚きました。

酵素ドリンクは薬でもなければ、生きた酵素がいっぱい詰まっているわけではありません。

酵素ドリンクを飲んでいる一番の目的は「酵素を摂るため」という方がかなり多いと思います。

しかし、

酵素ドリンクに活性化した酵素は入っていません!勘違いしないでください。

酵素ドリンクは食品衛生法上【清涼飲料水】というカテゴリーに分類されます。

酵素ドリンクの多くは、【野菜や果物、野草を乳酸菌や酵母、酵素などで発酵させたエキス発酵飲料】なのです。

そうです。【発酵飲料】です。

 

 ①pH4.0 未満のものの殺菌にあつては,その中心部の温度を 65°Cで 10 分間加 熱する方法又はこれと同等以上の効力を有する方法で行うこと。

②pH4.0 以上のものの殺菌にあつては,その中心部の温度を 85°Cで 30 分間加 熱する方法又はこれと同等以上の効力を有する方法で行うこと。

と定められています。

 

酵素はとてもデリケートで、温度や湿度、圧力、ph値などの影響を受けやすい成分です。

酵素は50度から70度で加熱すると働きが鈍くなり、効果がなくなるとさえいわれています。

値段は確かに高いです。

でも単なる野菜ジュースではありません。

栄養たっぷりのドリンクです。

ただし、

勘違いしないでください。

酵素ドリンクは「飲むだけ」では痩せることができないません。

酵素ドリンク自体にダイエット効果はありませんから。

本当のことです。

 

「一日二食」を続けるための極意があります。

それは続けることが面倒くさいとだめですね。

気にしないくらい簡単に習慣化できるくらいでないと続きませんね。

その壁が「空腹感との闘い」です。

そうです。

1週間くらいでしたら空腹感を水やお茶でしのげますが、習慣化するのは大変だと感じているのではないでしょうか?

朝食を食べてないことを脳に気づかれないようにしなければ負けてしまいます。

「腹減ったな」と脳が思わないないようにする方法があります。

それは、断食の専門家が長年にわたり研究して得た方法です。

 

栄養たっぷりの酵素ドリンクを午前中に、60㏄を3回に分けて、

朝食に置き換えて酵素ドリンクの20ccを100ccのお水で薄めて、グイっと飲みます(1回目)。

午前10時頃に同様に薄めたものをグイっと飲みます(2回目)。

昼食前に必ず、同様に薄めたものをグイっと飲みます(3回目)。

 

これだけです。(飲み忘れなければ)

 

超簡単でしょ。

私がファスティングでいつも使っている酵素ドリンクは「優光泉」(ゆうこうせん)と言います。

サンプル写真は1200mlタイプです。


断食道場のノウハウを活かしてファスティングの専門家が開発した、 完全無添加の酵素ドリンク「優光泉」です。

地元九州の野菜を中心に、厳選した60種類の原料を使用しています。

楽天市場でも総合ランキング1位に何度もなった実績のある、実力派の健康酵素飲料です。

こちらのお値段は、1本内容量550mlで、
2本7,992円(通常価格)
(ハーフボトル2本セット)

価格(100ml) で 727円(通常価格)
1日分換算で

価格(60ml) で 436円(通常価格)
1回分(60ml ÷ 3回 )= 146円

 

私も多くの酵素ドリンクを試してきましたが、

ファスティング用で自信を持っておすすめできます。

「価格」「品質」「味」の3点の評価は断トツの1番で、

無添加の本物なのにコストパフォーマンスに優れています。

断食をしている人で、

「優光泉」を知らない人はいないくらい人気があります。

 

 

「酵素ドリンク断食」を強くおすすめします

酵素ドリンク(優光泉:ゆうこうせん)のように、

無添加で薄められていない原液100%のドリンクであれば

栄養が豊富に含まれていますので、

一食置き換えやファスティング(断食)時の栄養補給に最適です。

 

酵素ドリンクと添加物

無添加は当たり前ですが、低価格で人気のあるものは添加物が入っているものが多いです。

そのような商品はもちろん原液100%ではありません。

原液100%ではない酵素ドリンクは、単なる高級な野菜ジュースにすぎません。

特に食品添加物が入っている酵素ドリンクは、確かに飲みやすい・おいしいという点が大きな特徴として挙げられます。

メーカー都合で、購入者のダイエットがより長く続くようにと、少しでも酵素ドリンクを飲みやすいように人口甘味料などを添加して「おいしく」しているからです。

添加物も様々な種類の添加物がありますが、人工甘味料や保存料、香料や色素などが添加物の例として挙げられます。

実は、食品添加物は、体内酵素を浪費してしまう原因になります。

消化に時間がかかる成分であるため、添加物を体外に排出するために大量の酵素を使わなくてはならないのです。

特に、低価格帯の人気酵素ドリンクには添加物が入った商品も多く、せっかく酵素を取り入れても、 その力を十分に発揮させることができません。

何のために酵素ドリンクを飲んでいるのか、分からなくて来ます。

事実です。本当にだまされないように注意して購入された方がいいです。

安いと言っても3~4000円します。

そんなカラダに悪い薄めた野菜ジュースを飲む意味がありませんでしょ、4000円もだして。

あと3000円くらい出せば本物が買えますから。

酵素ドリンクは、多くの野菜・果物を原料に多くの工程、時間の手間暇をかけて作っています。

野菜ジュースや青汁と比較すること自体が間違っています。

7000円~8000円するのが当たり前だと思ってください。

ただし、1本の内容量と価格のバランスがありますから、上の価格は目安になりませんが。

酵素ドリンクを選ぶなら、まずは無添加にこだわった酵素ドリンクをおすすめしています。

酵素ドリンク優光泉は、野菜が細かく砕かれることによって、事前に消化したような状態になっていて、消化に無駄な自身の消化酵素を使うことなく、体内の酵素を活性化する効果が期待できることが大切です。

尚、酵素ドリンクを飲んでも体内の酵素はすぐに増えません。

酵素ドリンクは、口から摂取されると消化器官でアミノ酸に分解されます。

このアミノ酸が血液を介して細胞に届けば、酵素の豊富な栄養素が摂取でき、酵素を生成する際の材料となります。

酵素ドリンクは予め分解されているので、私たちの胃腸の負担を和らげるという大きなメリットを得られます。

半日プチ断食・1日プチ断食・3日プチ断食には、基本的に「酵素ドリンク断食」をおすすめします。

プチ断食まとめ
おすすめ酵素ドリンク
酵素ランキング

 

 

 

おすすめの
水分補給用のノンカフェインの健康茶

ノンカフェインの健康茶であればOKです

例えば、オススメのデトックス茶

「ローズヒップ」(ハーブティー):便秘解消効果、美肌効果、疲労回復

「ユーカリ茶」:強いデトックス効果で、抗酸化作用

「よもぎ茶」:利尿作用や整腸作用があり、冷え性の改善

「ドクダミ茶 」:デトックス効果が強い

「ウーロン茶」:抗酸化作用で美白・美肌効果

「ハトムギ茶」:利尿効果でむくみ解消

「ルイボスティー」 特におすすめ

 

ルイボスティーに含まれている主な成分と効果

※SOD・・・抗酸化作用・新陳代謝促進​​・便秘解消​
ミネラル​・・・体温上昇・老廃物や毒素排出・二日酔い防止
ポリフェノール​・・・抗酸化作用
フラボノイド・・・ストレス抑制​​

※SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)強力な抗酸化成分

ルイボスティーとは、南アフリカ原産の赤い色が特徴のお茶です。

ルイボスティーは南アフリカでしか育ちません。

抗酸化作用のあるポリフェノールやフラボノイドを多く含み、美肌やストレスの緩和に効果があります。

ミネラル成分も豊富で、基礎代謝が上がり、血液循環がよくなることで毒素が排出されます。

ノンカフェインの健康茶。

体内の老廃物やアレルゲンを排出する働きがあるため、デトックス効果が期待できます。

また、血液やリンパ液の循環の改善にも効果が期待できます。

さらに、

強力な抗酸化作用を持つ成分として話題のSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)を含み、肌のターンオーバー正常化にも重要な役割を果たします。

SODとは人間の老化の原因といわれている活性酸素を除去する酵素です。

まさにデトックスの王道のお茶と言えるでしょう。

 

デトックスお茶で
老廃物を溜めない方法とは?

 

 

水分補給用の飲料水

プチ断食/ファスティングの期間中は、脱水症状にならないためにも お水、またはそれに代わる白湯(さゆ)、で水分補給を行います。

お水をたっぷり飲むことで、お通じがよくなったり、肌に潤いが出てきたり、いいことが沢山あります。

水分補給とは、
こまめに水を飲む健康法

 

 

 

このように半日断食を毎日続けると

半日断食に胃が慣れて来ると、
朝ご飯抜きでも空腹感はなくなります

 

何故でしょうか?

食べたものは腸で吸収され、エネルギー源のブドウ糖となって全身に運ばれますね。

そして、ブドウ糖は、何も食べないと通常8時間ほどで、全てなくなると言いました。

断食とはエネルギー源がなくなる生命の危機なのです。

ブドウ糖がなくなってしまうと脳が働かなくなるので、その代替エネルギーとして、肝臓は中性脂肪を分解して脂肪酸を作る。

このときに肝臓が脂肪酸から合成するエネルギー源がケトン体です。

つまり、体内のブドウ糖が不足すると、中性脂肪がエネルギー源に使われます。

断食のように、炭水化物の摂取が減少し、ブドウ糖が枯渇すると、その代替エネルギー源としてケトン体が使われるのです。

このケトン体は新たなエネルギー源としてカラダのさまざまなところで働くことが分かってきました。

飢餓時でもなんとかエネルギー源を生み出して生きていくためのシステムが私たち人間には備わっているからです。

その一つの手段としてこのケトン体を生成するシステムや、

また、前出の通り、新たにグリセロールやアミノ酸から糖を作り出す糖新生(とうしんせい)というシステムがあります。

ケトン体とは、『アセト酢酸』と『β-ヒドロキシ酪酸』と『アセトン』というの3つの物質の総称です。

ケトン体は水に溶ける物質で血液脳関門を通ることができ脳で利用できますし、脳以外でも骨格筋や心臓やなどその他多くの臓器に運ばれて各細胞のミトコンドリア内で代謝されます。

 

ミトコンドリアとは簡単に言うと動植物の細胞の中にある器官の名称です。役割は呼吸によって宿主の動植物が活動するエネルギーを生産します。細胞内にある発電所みたいなものです。

 

ケトン体の一種である「βヒドロキシ酪酸」が遺伝子の発現を司る部分と反応すると細胞の中にある、ミトコンドリアの力を呼び覚ますスイッチがオンになります。


その結果、ミトコンドリアは効率よく次々とエネルギーを作り出すようになるのです。

つまり、細胞内で脂肪がエネルギーとしてどんどん使われるので、結果として太りにくいカラダになるのです。

このスイッチがオンになるには、断食がある一定期間続くことが必要です。

すると、その後、ケトン体がなくなっても、オンの状態は保たれるので、空腹感がありません。

生命の危機状態が記憶されるのです。

実はこれ、医学的に証明されています。

 

「一日二食」への習慣化の成功

私たちは、「一日三食」の食生活が当たり前で、

「一日二食」しか食べない、特に朝ご飯を食べないなんて、不健康極まりないと子供の頃から刷り込まれて成長してきました。

自分も親になり、子供たちに、

「一日三食、しっかり食べないと大きくならないからね」

と親から刷り込まれた教育を疑うこともしないで同じように伝えています。

そんな私が、「一日二食」生活を実践して、皆様にお伝えしています。

 

「一日二食」にしてからカラダが軽くなり健康です。

風邪も引きませんし、

タバコもとっくにやめたのでの変な咳も出ないでスコブル快調です。

「一日三食」から「一日二食」の食生活に変えるための努力とか苦労はありません。

ただ他の家族は、しっかり「一日三食」摂っているので、

朝、うっかりして朝食の卵焼きをつまみ食をしてしまったりなんてことがありますが、

まあ、問題になりません。

基本的にお腹が減っていないので苦になりません。

少し前に親類家族と温泉に行ったときは、夕食をしっかり食べて、しっかりお酒をいただき、次の日のホテル朝食バイキングもしっかりお腹いっぱいいただきました。

まあ非日常のことですから仕方ありません。昼食を食べなければいいのです。

 

今思うと、「一日二食」への習慣化の成功は、

最初、朝食を食べないプチ断食を、酵素ドリンクで置き換えダイエットをしていました。

前出でもありますが、超簡単ダイエット!!

午前中に3回飲むだけです。

忘れなければ大丈夫。

でも飲み忘れても、お腹空くからすぐわかります。

そうなんです。

お腹空いたらすぐに飲むと空腹感がなくなります。

凄いんです。

栄養たっぷりの酵素ドリンクを午前中に、60㏄を3回に分けて、

1. 朝食に置き換えて酵素ドリンクの20ccを100ccのお水で薄めて、グイっと飲みます(1回目)。 もちろん薄めずに直接飲みもOK。炭酸水割など『しょうが紅茶』もなかなか美味しいです。

2. 午前10時頃に同様に薄めたものをグイっと飲みます(2回目)。

3. 昼食前に必ず、同様に薄めたものをグイっと飲みます(3回目)。

これだけです。(飲み忘れなければ)

※実は優光泉はホットでも美味しく飲んでいただけます。

60~70度の温度であれば優光泉の酵母菌は死ぬことはないので大丈夫です。

 

 

本当に、超簡単ダイエットです。

空腹感との闘いはありませんでした。

半日断食を毎日している感覚がありません。

基本的にプチ断食半日もプチ断食1日もプチ断食2日も断食3日間もやり方は同じです。

食事を酵素ドリンクに置き換えるだけです。

 

酵素ドリンクは少しお高いですが。

例えば、オススメの「優光泉」でしたら

商品名:優光泉酵素

名称:植物性発酵飲料(清涼飲料水)

添加物や保存料、人口甘味料、着色料は一切使用していません。

熱量(カロリー数):100㏄あたり178kcal

1本内容量550㏄で、2本7,992円(通常価格)(ハーフボトル2本セット)
価格(100㏄) で 727円(通常価格)

1杯146円くらい×3回で436円くらいなので、

健康朝食代金と思えばいいと思います。

毎日436円/毎食で「一日二食」の健康習慣が可能になります。

例えば、

上記のハーフボトル2本セットで7992円(約18食分)

550㏄  + 550㏄ = 1100㏄ 2本分

1100㏄ ÷ 60㏄(1回分) = 約18食分

7992円 ÷ 18食 =436円~445円(1食分)

18日間(2週間と4日)くらい頑張ってみませんか?

2週間くらいすると朝食抜きの生活に身体が慣れてきます。

 

本文中にもありますように、ケトン体のお話をしましたが、

ブドウ糖がなくなってしまうと脳が働かなくなるので、その代替エネルギーとして、肝臓は中性脂肪を分解して脂肪酸を作る。

このときに肝臓が脂肪酸から合成するエネルギー源がケトン体です。

このケトン体は学習能力があり、いつもブドウ糖がなくなってしまうと、そのうち、半日断食に胃が慣れて来きて、朝ご飯抜きでも空腹感はなくなります。

18日後。

優光泉のハーフボトル2本セットがなくなるころには、優光泉を飲まなくても、空腹感を感じなくなってきます。

そうなりますと、水分補給の白湯やお水・デトックスのノンカフェインティーだけの摂取で空腹感を感じることなく、18時間断食を習慣的に毎日行えるようになると思います。

(18時間断食中に、まだ、我慢できない空腹感に見舞われたら、優光泉を飲んでください)

私ができたように、きっとあなたもできます。

何せ、優光泉を60㏄ 3回に分けて、好きなもので割って飲むだけですから、超簡単ダイエットでしょ。

 

 

 

 概要

 評価

 価格(1本)

 6,900円(定期割引)
 8,500円(通常価格)

 

 内容量

 1,200ml

 ー

 価格(100ml)

 575円(定期割引)

 709円(通常価格)

 

 品質

 

  非常に良い

 味

 

  非常に良い

 総合評価

 

  非常に良い

まじめで誠実な会社の商品だから大好きです。

断食道場のノウハウを活かしてファスティングの専門家が開発した、 完全無添加の酵素ドリンク「優光泉」です。

地元九州の野菜を中心に、厳選した60種類の原料を使用しています。

楽天市場でも総合ランキング1位に何度もなった実績のある、実力派の健康酵素飲料です。

この「優光泉」のオススメ品質で断食ダイエットはきっと成功します

「優光泉」のエリカ健康道場さんの正式ホームページを訪問して、

酵素ドリンクの断食ダイエットを具体的にもっと詳しく知ってください。

下の2つの広告内容は、一般用ともう一つは男性向けのエリカ健康道場さんの正式ホームページです。どちらからでもご注文ができます。

広告内容が多少異なりますので是非ともご覧いただき、断食の知識を得てください。

断食用酵素ドリンクのメーカーさんならではの、プチ断食の方法などをご覧ください。

 

下の公式ホームページ広告から

「優光泉」の正規ホームページへ進み、ご注文されると、
お安く買えてプレゼントの炭酸水2本もついています。

初回限定 2大特典付きプレゼント!!

エリカ健康道場さんはとても誠実な会社で、商品に絶大な人気を誇り、自信があります。

味が合わない、まずい、飲んでもお腹が減るなど、どんな理由でも返金できる安心の返金保証があるので、これから断食を始めようとしている方にも安心して利用できます。

私も多くの酵素ドリンクを試してきましたが、ファスティング用で自信を持っておすすめできます。

「価格」「品質」「味」の3点の評価は断トツの1番で、無添加の本物なのにコストパフォーマンスに優れています。

 

まとめ

 

ダイエット方法は、たくさんあります。

半日断食を毎日する超簡単ダイエットもそのひとつです。

今回の半日断食は断食3日間・5日間など長い断食の入門編みたいなものですが、いずれ断食3日間・5日間を経験するのにちょうどいいですね。

長期の断食は奥が深く、方法と理屈と酵素ドリンクの選択さえ間違えなければ必ず痩せます。

断食の場合、食事しないので短期間で一気に痩せられます。

断食で4日も5日も空腹時間が長く続くと、本来ヒトが持っている、長い間食べれなかった飢餓時代を生き抜いた神秘の力を垣間見ることができます。

半日断食は18時間断食を毎日すると、毎日18時間の内臓休息による空腹時間で、飢餓時代を生き抜いた現象、普段は眠っている神秘の力を呼び起こしてくれます。

ただ18時間の空腹時間では、短時間なので、成長ホルモンやサーチュイン遺伝子の恩恵を少しだけいただき、お腹が『グーッと』鳴ると、十二指腸から分泌される『モチリン』による胃のお掃除現象も始まります。

脂肪燃焼効果・プチ断食デトックス・半日断食 宿便・半日断食好転反応などの効果は断食18時間で短時間なので望めません。

いずれ断食3日間・5日間を経験するといただけますので頑張ってください。

 

そうそう、正しく断食すると簡単に痩せますよ。

 

当初74㎏~75㎏だった体重は、何回か行ったプチ断食で、一時69㎏に減りました。

でも、顔がほっそりし過ぎて、少し痩せすぎた感じがしたので、

「一日二食」は変わりありませんが、夕食の食事量を少し増やして体重を増やしました。

72㎏前後がちょうどいいので、夕食の食事量で調整しています。

以上です。

 

では、毎日元気に過ごしましょうね。

そして健康寿命を延ばしましょう。

持続的に健康を維持するための三本柱は、

1. 体に適切な栄養を与え、
2. 定期的に運動をし、
3. 日常的なストレスを解消する

これらの努力を怠らないことです。

この三本柱を実践する健康方法をいろいろお伝えすることのが本サイト使命です。

では、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

健康ネットサンク ノマー

 

Sponsered Link

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ