成長ホルモンの 加齢による衰えを防止しましょう

 

成長ホルモンというと、成長期や思春期の発育のため「だけ」に必要なホルモンのように思うかもしれません。でも、実は、成長ホルモンは子供だけでなく、成長期が終わった後の大人にも分泌され続けるということは意外と知られていません。大人にとっても、生涯を通して分泌されるホルモンで、成長ホルモンは非常に重要な役割をしているのです。

今回は私たちの一生に渡って、体の代謝調節や免疫機能などに関与する、重要な成長ホルモンの働きと、日常生活において成長ホルモンの基本情報をご紹介いたします。

Sponsered Link

日常生活において成長ホルモンを増やす方法とは何でしょうか?

実は、全然難しくありません。特別な事をする必要はありません。

しっかりとバランスよく食事を取り、食べ過ぎず、適度の運動をして、充分な睡眠を取ることです

つまり、食事と運動と睡眠 持続的健康維持の基本です。

①バランスよく食事を取り、食べ過ぎず 
②適度の運動をして 
③充分な睡眠を取ること
 

当サイトでいつも言っていることですね。

成長ホルモンは誰にでも増やせる5つのやさしい健康方法から】をご覧下さい。

ノンレム睡眠とレム睡眠の性質を学んで睡眠の質を上げようをご覧下さい。

良い眠りのための睡眠と覚醒のバランスと睡眠のしくみの基本】をご覧下さい。 

3兆個濃縮乳酸菌の詳細はこちら

サプリメント:3兆個濃縮乳酸菌のご購入はこちら

【ピュアラクトEX16】

Sponsered Link

 

人の体内から分泌される成長ホルモンは、正確には、ヒト成長ホルモンと言います。
英語では、”Human Growth Hormone”と良い、略してHGHとの呼び方もされます。

主に、視床下部の脳下垂体を中心として分泌されますが、他のホルモンも含めると、甲状腺、副腎、生殖器、膵臓、消火器、胃腸、心臓血管、脂肪や神経系など、体の様々な部位で作り出されます。

子供時代を過ぎると分泌量は急速に減ります。40歳以上になると、子供時代の5分の1以下になってしまいますが、身体にとっては、まだまだ重要な役割を果たしているのです。

構成は、191個のアミノ酸から成り立っているのですが、私達のカラダの中で分泌されるホルモンや酵素などは、基本的にアミノ酸で構成されていますので、アミノ酸の摂取は、生体活動を支える上でも重要な事です。

その役割が、体力、気力(意欲)、容姿と関係するのです。

年をとっても、成長ホルモンがまだまだ体内に多めに分泌されている人は、体力が衰えず、意欲高らかで、肌のハリもよく若々しいのです。

成長ホルモンが減っている人は、早く老化が進みます。


成長ホルモンは、加齢による衰えを防止します。

では、詳しく説明いたします。

ホルモンとはなんでしょうか?

 


体の中でつくられている物質で、 

体のさまざまな機能をコントロールするという大切な役割を担っています。 

主に内分泌臓器や組織でつくられ、 

血流に乗って標的器官へ運ばれて生命機能 を維持するはたらきをもつ重要な情報伝達物質です。 

ホルモンには100種類以上があり、 

タンパク質が原料となっているもの、 

ステロイドが原料となっているもの、 

アミンが原料となっているもの、 

これら3種に大きく分けられます。 

それぞれが決まった役割を果たすことで、私たちの体は正常に保たれています。

 

下垂体と下垂体ホルモン

内分泌臓器は視床下部、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、膵臓、卵巣(女性)、睾丸(男性)などありますが、

なかでも脳にある下垂体は、他の内分泌臓器から分泌されるホルモンの分泌調節を行う重要な役割を担っています。 

下垂体は、前葉と後葉に分かれており、どちらもホルモンを分泌しています。

下垂体から分泌されるホルモンを、下垂体ホルモンと総称します。

 

主な下垂体ホルモン 

これらのホルモンの分泌が多すぎたり少なすぎたりすると、心身にさまざまな障害が起こってきます。 


(下垂体前葉) 

●成長ホルモン(GH) 
●性腺刺激ホルモン(黄体形成ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH) 
●甲状腺刺激ホルモン(TSH) 
●副腎皮質刺激ホルモン(ACTH) 
●プロラクチン(PRL) 
(下垂体後葉) 
●バソプレシン[ 抗利尿ホルモン、AVP(ADH) ] 

●オキシトシン

 

 

では成長ホルモンとはどのようなホルモンなのでしょうか?

 

成長ホルモンとは 
(英: growth hormone、GH)は脳下垂体前葉のGH分泌細胞から分泌されるホルモンである。 

成長ホルモンは脳が指令を受けると、脳の真下にある脳下垂体(下垂体)から分泌される成長や代謝を促してくれる内分泌液です。 

ヒト成長ホルモンは特に hGH(英: human GH)と呼ぶ。

「成長」という言葉の通り、“身長を伸ばすホルモン”としてよく知られています。

その名の通り骨や内臓の成長を促します。

確かにその分泌量は、最も多く分泌される思春期の前を100%だとすると、思春期後半では200%とおよそ2倍の分泌量となり、

その後は加齢とともに50%、30%と分泌量が低下するものの、

生涯を通して分泌され、人間の身体を整える働きをしてくれています。

 

成長ホルモンにはもう1つ重要な役割があります。 

それは、体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働きです。(これを代謝といいます) 

私たちが生きていくためには、体内でエネルギーをつくることが欠かせませんが、成長ホルモンはその過程で大切な役割を担っています。

骨や筋肉の代謝、糖・脂質・タンパク質の代謝、精神状態、皮膚や粘膜の入れ替えに関わっているのです。

つまり成長ホルモンは、子どもから大人まで、あらゆる年齢に必要なホルモンなのです。

つまり。

 

小児期 
骨を成長・発達させる 
筋肉を成長・発達させる 
各機関を成長・発達させる 
↓ 
思春期 
性ホルモンとともに性的な成熟を促す 
↓ 
成人期 
カラダの代謝バランスを保つ 
筋肉量や骨の量を保つ 
精神的な健康を保つ

 

成長ホルモンのはたらき

骨へのはたらき

子供の場合には骨を伸ばすはたらきをします。大人になって身長が伸びなくなっても、骨を丈夫に保つはたらきがあります。そのため成長ホルモンが足りないと、骨がもろくなり、骨折しやすくなります。 
女性は特に将来骨粗しょう症にならないように注意が必要ですが、成長ホルモンには骨量を増やす働きもあります。骨量が増えれば骨粗しょう症の予防にもなります。

筋肉へのはたらき

30代以降、だんだんとやせにくくなっていくのは、加齢により代謝が落ちていことが原因のひとつです。 
成長ホルモンの働きで、筋肉でのタンパク質合成を増やし、筋肉を大きくします。筋肉が大きければ、日常生活において活き活きと過ごすことができます。筋肉量が増えるとエネルギーの消費量が増えます。脂肪をためにくい、太りにくい体を作ることができます。

 

糖脂質の代謝へのはたらき

体に蓄えられた脂肪(内臓脂肪、皮下脂肪)を分解します。 
ダイエット効果が期待できます。

 

精神へのはたらき

やる気や集中力を保つはたらきがあります。成長ホルモンが低くなると、やる気がなくなったり、ものごとへ集中できなくなったり、記憶力が低下したりします。また精神状態が不安定となり、感情の起伏が激しくなることもあります。

 

皮膚や粘膜へのはたらき

別名、美肌ホルモン、若返りホルモンといわれています。皮膚や粘膜の修復・再生を促します。またコラーゲンを増やし、弾力を保ち、シワができにくくします。 
お肌の潤いの元は水分を保持する働きのあるヒアルロン酸です。コラーゲンなどと一緒に肌の弾力を作ってくれています。このヒアルロン酸は皮下組織にある「繊維芽細胞」が作り出しますが、年とともにこの力が弱まっていくので、お肌がカサカサにななっていきます。成長ホルモンには、この繊維芽細胞を活性化させるという働きもあるのです。ヒアルロン酸を合成する力が復活し、その結果肌のハリ、弾力が増すということになります。

 

バストへのはたらきにも成長ホルモンが関係している

成長ホルモンにバストアップ作用があるとの情報をよく見かけます。女性の場合には、成長ホルモン治療を行うとバストが張るのは良くあるそうです。女性の場合、成長ホルモンがバストの大きさにも関わってきます。成長ホルモンは乳腺にあるラクトゲン受容体というところに作用して、バストアップさせる効果があるのです。

 

まとめ

 

成長ホルモンというと、 
名前が「成長」なので、成長期や思春期の発育のため「だけ」に必要なホルモンのように思われてしまいそうですか、成長ホルモンは子供だけでなく、成長期が終わった後の大人にも分泌され続けけていて、生涯を通して分泌されるホルモンで、成長ホルモンは非常に重要な役割をしていることが、お分かりなったかと思います。

老化の原因の一つとして、成長ホルモンの減少があります。

成長ホルモンは誰にでも増やせる5つのやさしい健康方法から

こちらをご覧いただき、

成長ホルモンを増やしましょう。

3兆個濃縮乳酸菌の詳細はこちら

サプリメント:3兆個濃縮乳酸菌のご購入はこちら

【ピュアラクトEX16】

では、毎日元気に過ごしましょうね。

健康寿命を延ばしましょう。

持続的に健康を維持するための三本柱は、

1. 体に適切な栄養を与え、

2. 定期的に運動をし、

3. 日常的なストレスを解消する努力を怠らないことです。

この三本柱を実践する健康方法をいろいろな視点からお伝えすることのが本サイト使命です。

では、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

健康ネットサンク     代表ノマー

 

Sponsered Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ