緊張型頭痛の対処法とセルフケアのご紹介

 

慢性的な頭痛の中でも最も多く見られるのが、この「緊張型頭痛」です。年齢や性別に関係なく発症し、後頭部を中心に頭全体がギューッと締めつけられるような鈍い痛みが起こります。緊張型頭痛は「ストレス頭痛」とも呼ばれ、精神的・身体的ストレスが原因となる場合があります。

頭痛を正しく理解し、セルフケアし、また専門医の適切な治療を受診ことが重要です。

自分の頭痛のタイプをご存知ですか?知ってできるセルフケア

ココでご自分の頭痛のタイプを調べてみてください。また、頭痛は痛みの起こり方によって、

①「日常的に起こる頭痛」
②「慢性頭痛」
      ●「緊張型頭痛」
      ●「片頭痛」
片頭痛の対処法とセルフケアのご紹介
      ●「群発頭痛」
群発頭痛の対処法とセルフケアのご紹介

③「脳の病気に伴う頭痛(危険な頭痛)」

に大別できます。と言う内容で頭痛の種類や症状・頭痛の基礎知識を記事しておりますので、ご覧ください。 頭痛でお悩みの方々の中で一番多い「慢性頭痛」は、「頭痛持ち」で知られるこの頭痛は、一次性頭痛とも言い、
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」
この3つのタイプがあります。
一次性頭痛の我が国における有病率は、片頭痛が人口の5〜10%、緊張型頭痛が人口の約20%であることが最近の疫学調査で報告されています。
頭痛の対処法はタイプにより異なりますので、前出の記事サイトよりお調べになったご自分のタイプで対応してください。

今回は、「緊張型頭痛」について、すぐに役立つ頭痛の対処法をご紹介いたします。

Sponsered Link

 

 

 

「緊張型頭痛」


発作の頻度と持続時間区分で2種類あります。 

慢性的な頭痛の中でも最も多く見られるのが、この「緊張型頭痛」です。年齢や性別に関係なく発症し、後頭部を中心に頭全体がギューッと締めつけられるような鈍い痛みが起こります。緊張型頭痛は「ストレス頭痛」とも呼ばれ、精神的・身体的ストレスが原因となる場合があります。頭の両側がギュ-ッと締めつけられるような頭痛が、数十分~数日間続く頭痛です。
緊張型頭痛には、頭痛の発作が数分~1週間ほど持続するときどき頭痛がするタイプの反復性緊張型頭痛と、数日~数か月に及び、毎日のように頭痛が続くタイプ慢性緊張型頭痛の2種類があります。
一生のうちに緊張型頭痛になる人の割合は30%~80%で機能性の頭痛の中で最も多いのがこの緊張型頭痛です。

Sponsered Link

 

 

特徴

 

①痛みの期間 
いつとはなしに始まり、ほぼ毎日、だらだらと続く
数分~1週間(反復性緊張型頭痛)
数日~数か月(慢性緊張型頭痛)

②痛む部位
頭の両側、頭全体、首筋

③痛み方
頭全体を締めつけられるような鈍い痛みで、頭が重い感じ。よく「ヘルメットをかぶったような」と表現されます。
肩や首の強いこり、めまい、ふらつき、全身のだるさなどを伴うこともあります。

④痛みの程度 
日常生活は送れる程度の軽度か中等度

⑤痛みの変化 
日常動作によって痛みが 増すことはない 
動くと痛みは軽くなる場合がある

⑥関連症状  
しばしば肩こりやめまいを伴う 吐き気・嘔吐、光・音・臭過敏 を伴うことはほとんどない

⑦前兆
ありません

 

原因

肩こりやストレスなどが主な原因であるとされる緊張型頭痛は、それらの要因によって頭の筋肉を緊張させます。
筋肉が緊張すると血管を収縮させ、血行が悪くなり老廃物が溜まってしまいます。老廃物がたまると更なる緊張を引き起こし、頭痛という症状となって、また更にストレスの要因となります。
この悪循環が緊張型頭痛です。
緊張型頭痛は、精神的ストレスと身体的ストレスがいくつも重なることによって起こると考えられています。

精神的ストレス系原因

神経や筋肉の緊張を高め、頭痛の誘因となります。几帳面であったり神経質な人がなりやすい。

 ①不安や抑うつ状態・不眠・環境の変化
家庭内でのトラブル
仕事がうまくいかないなどの精神的ストレス

身体的ストレス系原因

首筋から肩にかけての筋肉が収縮し、こった状態になり、頭痛を誘発します。
①枕の高さが合わない不眠

②長時間の着席などの無理な姿勢
デスクワーク・車の運転

③運動不足

④歯のかみ合わせ

⑤うつ向き姿勢
(上半身を前かがみにしたパソコン操作)

⑥眼精疲労

⑦冷え性

⑧なで肩

⑨睡眠環境の悪さ

⑩頭痛治療薬の過剰摂取

⑪痛みの悪循環
1. ストレスなどの誘因により
頭を支える筋肉が緊張する。
2. 筋肉緊張が続くと血行不良
で痛み・疲労物質がたまり、
その「凝り」が頭痛をおこす。
3. 痛みがストレスになる。

Sponsered Link

緊張型頭痛が起こるしくみ

精神的ストレスは、筋肉の緊張がなくても頭痛を引き起こすことがあります。神経の緊張が毎日のように続くと、脳に備わっている「痛みのコントロール機能」がきちんと働かなくなり、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになってしまいます。
また、身体的ストレスは、首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張することで起こります。 筋肉の緊張が高まると、筋肉内の血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの老廃物がたまります。それが周囲の神経を刺激し、締めつけられるような痛みを起こすのです。
簡潔に言えば緊張型頭痛は、肩や首の凝りが原因ということです。

 

緊張型頭痛の対処法

頭や首、肩の筋肉の緊張した状態が長く続くことによる血流の悪化が関係しています。
痛みの発生原因を取り除くこと

全て原因の裏返しを心がければOK!!

1. 姿勢を正す

① 無理な姿勢を長時間とらないこと 
② 睡眠は重要。枕の高さと硬さは、肩こり・首のこりに深く関係しています。ご自分のカラダに合った枕を選びましょう。

2. リラックスしましょう

上記のように緊張型頭痛の原因の、身体的ストレスと精神的ストレスを軽減させることが、 根本から対処する近道です。 

対処法として考えられるのが、ストレスを自覚して、うまく対応すること。つまり「ストレスをコントロール」することなのです。ストレスをコントロールするには、まず自分が抱えているストレスを自覚し、ストレスをうまく発散させるために、ストレスの正体や原因を知ることが大切です。
頭痛が始まったら、心身にストレスを加えていることを中止し、例えばその場所から離れるなどして、早めに気分転換をしましょう。

3. 温めて筋肉をほぐして、血行を良くする

蒸しタオル、カイロなどを活用して、首や肩を温めましょう。血行が良くなることで、痛みが改善します。首や肩を温めることで血行を促進する温熱療法をする。

4.  ウォーキングやストレッチをする

 

首筋や肩の筋肉のこり、緊張をほぐすストレッチが効果的です。 
①首を左右に倒す。右手を頭の左側に添え、ゆっくり右側に倒す。反対側も同じように5~10回行う。 
②首を回転させる。後ろを見るように、首をゆっくり左右に回転させたり、首をぐるりと回転させる。左右バランスよく5~10回行う。③「適度な運動を習慣化しよう」といきなり言っても難しいので、とりあえず、散歩からするといいでしょう。のんびり季節を感じながら歩くだけでも、心とカラダがリフレッシュします。気持ちが良かったなら明日もしましょう。

 

「緊張型頭痛」の予防法

1
原因となる精神的ストレスと身体的ストレスを溜めないこと。
2
デスクワークが多い場合は、長時間同じ姿勢を続けない ように、こまめに休憩をとって気分転換をはかり、ときどき背すじを伸ばすなどして、筋肉をほぐすように努めましょう。
3
ゆっくりとお風呂に入りカラダを温めましょう。
4
ウォーキングやストレッチといった軽い運動を習慣化にすると良い。健康寿命にも影響しますので是非とも習慣化しましょう。
5
サプリメントによるの予防法

ズキガード

軽度の慢性頭痛なら「ズキガード」です。コストパフォーマンスにも優れているので、頭痛初心者に最適なサプリメントです。

 

緊張型頭痛と頭痛薬

緊張型頭痛は、病院で診察を受けて治療するべき頭痛です。頭痛が出るほかの病気を見分けたうえ、頭痛薬を適切に処方してもらう意義があります。市販薬にはない薬もあります。同じ薬でも、飲み方を間違うとかえって頭痛を引き起こす場合があります。しかし、頭痛に効果が期待できる薬は市販されていますので、すぐに対処したい時のセルフケア、診察を受ける前にすぐに対処したいときは市販薬が役に立つ場面もあるでしょう。

 

NSAIDsを理解するためにするために 


NSAIDs(エヌセイズ)とは

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)とは、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称で、広義にはステロイドではない抗炎症薬すべてを含みます。一般的には、疼痛、発熱の治療に使用される“解熱鎮痛薬”とほぼ同義語として用いられています。代表的なNSAIDsとして以下があります。青文字は、いわゆるピリン系NSAIDsで、それ以外は、非ピリン系NSAIDsです。

病院で処方される主なNSAIDs:

  • アスピリン(バファリン®など)

  • ロキソプロフェン(ロキソニン®など)

  • ジクロフェナク(ボルタレン®など)

  • インドメタシン(インダシン®など)

  • メフェナム酸(ポンタール®など)

  • スルピリン(メチロン®など)

  • アセトアミノフェン(アンヒバ®、カロナール®など)

  • その他

市販薬の主なNSAIDs:

  • アスピリン(バファリンA®など)

  • イブプロフェン(イブ®など)、

  • エテンザミド(ノーシン®,新セデス®など)

  • イソプロピルアンチピリン(セデス・ハイ®など)

  • アセトアミノフェン(タイレノール®、小児用バファリン®など多くの市販薬)

  • その他

 

医学的には、この緊張型頭痛のみの場合は
「解熱鎮痛消炎剤」の処方で痛みが和らぐとされています。

 

オススメ商品

 

頭痛・生理痛に効く
ロキソニンSプレミアム
速さ、効きめ、やさしさの3つを同時に考えたプレミアム処方の解熱鎮痛薬。胃への負担が少なく。1回2錠でよく効きます。

第1類医薬品

 

 

早く効くだけじゃない。
カラダのことまで考えたプレミアム処方

バファリンプレミアム
「イブブロフェン」と「アセトアミノフェン」を1:1で配合するダブル処方が、高い鎮痛効果を発揮。「アセトアミノフェン」と「胃粘膜保護成分」が胃にやさしく、速く溶ける小粒の錠剤です。
指定第2類医薬品

 

 

がまんできない、辛い痛みに
セデス・ハイ

痛みをブロックする2つの鎮痛成分イソブロピルアンチピリンとアセトアミノフェンを配合し、頭痛のメカニズムに着目した処方です。胃にソフトなセデスシリーズの中で最強処方の製品です。

 

医薬品は「使用上の注意」をよく読んでお使い下さい、アレルギー体質の方は、必ず薬剤師登録販売者にご相談ください。

 

まとめ

慢性緊張型頭痛の場合は市販薬での効果が薄く、毎日のように飲んでいると頭痛薬の飲み過ぎによる薬物乱用頭痛につながり、症状を悪化させてしまう場合があります。鎮痛剤を月に10日以上飲んでいる方は薬物乱用頭痛へと繋がる可能性もあるので、くれぐれも飲み過ぎないようにしてください。

まずは、頭痛の症状とメカニズムを知り、セルフケアで早めに対処しましょう。

では、毎日元気に過ごしましょうね。

そして健康寿命を延ばしましょう。

持続的に健康を維持するための三本柱は、

1. 体に適切な栄養を与え、

2. 定期的に運動をし、

3. 日常的なストレスを解消する努力を怠らないことです。

この三本柱を実践する健康方法をいろいろな視点からお伝えすることのが本サイト使命です。

では、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

健康ネットサンク     代表ノマー

Sponsered Link

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ