片頭痛の対処法とセルフケアのご紹介

 

典型的な片頭痛は、頭の片側で、心臓が脈打つようにズキンズキンと痛む拍動性の頭痛発作を繰り返します。ただし、痛みは頭の両側で起こることもありますし、ズキンズキンと脈打たないことも少なくありません。1回から数回起こり、その痛みが1日中続くような頭痛は、片頭痛かもしれません。

日本の総人口内およそ3000万人くらいの人達が、頭痛に悩んでいるとい言います。頭痛を正しく理解し、セルフケアし、また専門医の適切な治療を受診ことの重要性がお分かり頂けるかと思います。

自分の頭痛のタイプをご存知ですか?知ってできるセルフケア

ココでご自分の頭痛のタイプを調べてみてください。また、頭痛は痛みの起こり方によって、

①「日常的に起こる頭痛」

②「慢性頭痛」は3タイプあります

●「緊張型頭痛」
緊張型頭痛の対処法とセルフケアのご紹介

●「片頭痛」:(へんずつう)

●「群発頭痛」

群発頭痛の対処法とセルフケアのご紹介

③「脳の病気に伴う頭痛(危険な頭痛)」

に大別できます。と言う内容で頭痛の種類や症状・頭痛の基礎知識を記事しておりますので、ご覧ください。 頭痛でお悩みの方々の中で一番多い「慢性頭痛」は、「頭痛持ち」で知られるこの頭痛は、一次性頭痛とも言い、
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」 この3つのタイプがあります。

一次性頭痛の我が国における有病率は、片頭痛が人口の5〜10%、緊張型頭痛が人口の約20%であることが最近の疫学調査で報告されています。

頭痛の対処法はタイプにより異なりますので、前出の記事サイトよりお調べになったご自分のタイプで対応してください。

今回は、「片頭痛」について、すぐに役立つ頭痛の対処法とセルフケアをご紹介いたします。 

Sponsered Link

「片頭痛」とはこんな頭痛

典型的な片頭痛は、頭の片側で、心臓が脈打つようにズキンズキンと痛む拍動性の頭痛発作を繰り返します。

ただし、痛みは頭の両側で起こることもありますし、ズキンズキンと脈打たないことも少なくありません。

1回から数回起こり、その痛みが1日中続くような頭痛は、片頭痛かもしれません。

主にこめかみから目のあたりが発作的に痛む。痛みの発作は4時間から数日続く。片側に現れることが多いが、両側痛むこともある。痛みが起きると、光や音、においに敏感になるのが特徴。女性ホルモンと関連があるため、女性に起こりやすい。

緊張型頭痛との見分け方は、
片頭痛に次のような頭痛に伴う症状があることがポイントとなります。
●発作時は、寝込んでしまうほどの痛みで日常生活が困難になる。
●体を動かすと痛みが悪化する。
●吐き気や嘔吐を伴う。
●光や音、においに敏感になる。

Sponsered Link

 

「片頭痛」の症状


「片頭痛」が起こる直前には肩こりが出ることもあり、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛みます。
頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともあり、日常生活に支障が出ることもある発作性の頭痛です。
「片頭痛」の特徴は体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅することです。また頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢などの随伴症状があり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になることも特徴です。

①痛みの期間

月1~2回 週1~2回
4時間から数日続く

②痛む部位

頭の片側もしくは両側

③痛み方

発作的に始まるズキンズキンという脈拍に合わせた拍動性の痛み
痛みが起きると、光や音、においに敏感になるのが特徴

④痛みの程度

強度
日常生活に支障をきたす
寝込んだりする

⑤頭痛の誘因

ストレスからの解放、寝不足、寝過ぎ、空腹、人込み、気圧や気候の変化、強い光、特定の飲食物など

⑥関連症状

吐き気、嘔吐、下痢、光や音に敏感になる
発作の起こる前に、肩こり、生あくび、空腹感、目の前がチカチカするなど

⑦前兆

片頭痛は、痛みの起こる直前に「前兆」を伴うタイプと、伴わないタイプに分類できます。

発作の起こる前に、肩こり、生あくび、空腹感、目の前が眩しくチカチカとして見えづらくなったり、ギザギザ模様の線が徐々に視界に現れたりする「閃輝暗点」を訴えます。前兆を訴える発症者は、片頭痛患者全体の 1~2 割といわれています。

「前兆」を伴う片頭痛

閃輝暗点(せんきあんてん)片頭痛前兆現象として現れることが多い症状で突然、視野の真中あたりに、まるで太陽を直接目にした後の残像のようなキラキラした点が現れる・・・・
閃輝暗点 – Wikipedia

 

●目の前で光がチカチカする
●視野の一部に歯車のようなギザギザしたものが現れる
●視界が欠ける

(時・場合・人による)手足がしびれる、しゃべりにくくなる、といった症状などもみられます。

 

「前兆」を伴わない片頭痛

「なんとなく頭痛がきそうだ」という予兆は感じるようです。

· だるい
· イライラする
· 眠気を感じる
· 気分がよくない
· 食欲が通常以上に出る
· 体がむくむ

 

「片頭痛」の原因

 

脳の血管が拡がって痛む「片頭痛」

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。
脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

血管の拡張には、精神状態を調整するセロトニンという神経伝達物質の変動が関係しているため、ストレスや生理時、春先など、セロトニンの分泌量が不安定なときに片頭痛が起こりやすくなる人もいます。

 

女性に片頭痛が多いのはなぜ?

片頭痛の発症には女性ホルモンが大きくかかわっています。
片頭痛は4対1の割合で女性に圧倒的に多く、発症は20~40代に集中しています。これは片頭痛の発症が、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの変動に影響されやすいからです。そのため生理に関連して片頭痛が起こるケースが少なくありません。
とくに多いのはエストロゲンの量が下がる月経の2~3日前と排卵期で、生理中や生理直後に起こりやすい人もいます。女性ホルモンの分泌が安定する妊娠中は発症が減りますが、大半は出産後に再び発症します。また、更年期が近づくと典型的な片頭痛は減り、緊張型頭痛に似た重い感じの痛みに変わる人が多くなります。
特に母親に片頭痛があると、その娘にも片頭痛が発症する可能性が高いと言われています。

Sponsered Link

 

「片頭痛」対処法

 
片頭痛は、頭の中の血管が拡張したことによって炎症が起こり、痛みを生じると言われているため、冷やすことで拡張した血管を縮めたり、痛みの緩和が期待できます。

1. 冷やすのは○   温めるのは×


冷却枕や冷たいタオルや氷のうなどを活用し、こめかみや首などズキズキと脈を打っている部位を冷やして血流の拡がりを抑えると、痛みが和らぎます。一方、入浴やマッサージなどは血管を拡張させるので痛みが増すことになり逆効果になりますの要注意です。

片頭痛は頭を冷やした方がいい
しかし同じ一次性頭痛区分の「緊張型頭痛」の対処法は真逆で、首や肩を温めますので、間違えないでください。

 

2. 暗い部屋で静かに横になる

頭痛の最中に体を動かすと痛みが増し、痛みはさらに増してしまいます。光や音などにも敏感になるため、強い光や騒音などの刺激をなくし、安静にしましょう。横になれない場合は、座つたままできるだけ動かないようにしましょう。

片頭痛は安静が一番
しかし同じ一次性頭痛区分の「緊張型頭痛」の対処法は真逆で、カラダを動かした方がいいので、間違えないでください。

 

3. カフェインを摂る

コーヒー、紅茶、日本茶に含まれるカフェインは血管を収縮する作用があり、痛みの早期に飲むと痛みが軽減。ただ、連日の過剰摂取は逆に頭痛を誘発するので注意しましょう。

 

4. 食事をきちんととる

空腹とその為に起こる低血糖は片頭痛の誘因の1つなので、規則正しく食事をとるようにする。

 

5. 寝不足、寝過ぎを避ける

生活リズムを整え、休日もなるべく通常のリズムを保つ。昼寝も片頭痛を招きやすいので要注意です。

 

6. ツボ押し

ツボに刺激を与えることで、血液の流れが改善され、内蔵・器官などの活動が本来の働きを取り戻すといわれています。片頭痛に効果があるのは、耳たぶの後ろ側、髪の生え際あたりにある「完骨」、腕の外側、手首の関節の真ん中あたりから指2本分手前にある「外関」というツボなどです。

 

7. 誘因となる飲食物を控える

偏頭痛の誘因飲食物=
チョコレート・チーズ・ハム、ヨーグルト、赤ワイン・グルタミン酸など

 

8 和食を食べる

 

マグネシウムはカルシウムとともに血管などの細胞の緊張と弛緩のバランスを保つのに役立ちます。油揚げやほうれん草などに多いマグネシウムと、煮干しなどに多いカルシウムの両方をバランスよく摂れる和食を心がけましょう。
<マグネシウムやビタミンB2が豊富な食材>
大豆、豆腐、ひじき・ワカメなどの海藻類

 

9.ピンクヒマラヤンソルトを料理に使う

 

 ピンクヒマラヤンソルトには84種類のミネラルが含まれており、血中
のセロトニン濃度を調整し、片頭痛の改善に短時間で効果を発揮しま
す。また、痛みを和らげるだけでなく、免疫力やエネルギーを高め、
体の中のpHバランスを整え、電解質を補うためにも効果的です。

 

10. 頭痛日と環境をチェック

たとえば、人ごみや睡眠不足など、どのような環境が重なったときに片頭痛が起きるかを記録しておくことで、原因となる環境を特定し、該当する時期にそうした環境を避けるようにします。

① 頭痛が起きた日付、時間帯、痛みがつづいた時間
② 頭痛の前に感じた症状(チカチカなど)
③ 頭痛の症状(脈打つ痛み・重い痛みなど)
④ 処方薬を服用したかどうか
⑤ 頭痛以外の症状(肩や首のこり、吐き気など)
⑥ 生理があった期間

 

11.サプリメントによるの予防法

サプリメントによる片頭痛の予防や痛みの軽減は日本頭痛学会もグレードBとして推奨していますので、頭痛で悩んでいる人にはオススメの方法です。
頭痛サプリの中で一番売れている商品の1つをオススメします。
評判や口コミでも数多くの評価を得ています。

不安や痛みをなくそうと薬を飲みすぎると、今度は薬が原因の薬物乱用頭痛になってしまいます。そこで薬に頼らずにサプリメントで栄養を補って、片頭痛になりづらい体づくりをする人が増えています。

ズキラック公式サイト

 片頭痛に悩む女性なら迷わず選びたいサプリメントです。女性に優しい成分(大豆イソフラボン、チェストベリーなど)が豊富に含まれています。

ずきしらずの実公式サイト

1袋3,000円弱(税別)とコストパフォーマンスにも優れており、片頭痛に悩んでいるなら、ぜひ一度試しておきたいオールマイティーなサプリメントです。

 

最後に、

日常的によく見られる上記の頭痛の他に、危険な病気が原因で起こる頭痛があります。
今までに経験したこのない頭痛や、発熱など頭痛以外の症状を伴ったり、痛みがどんどんひどくなるなどの症状が出た場合は、医師の診断を受けましょう。

 

まとめ

 

予防薬を服用する

片頭痛の前ぶれが起こったときや痛み始めたときには、主に血管を収縮させる作用のある薬を使います。市販の薬はないので、医師に相談の上処方してもらいましょう。

 

まずは、頭痛の症状とメカニズムを知り、セルフケアで早めに対処しましょう。

では、毎日元気に過ごしましょうね。

そして健康寿命を延ばしましょう。

持続的に健康を維持するための三本柱は、

1. 体に適切な栄養を与え、

2. 定期的に運動をし、

3. 日常的なストレスを解消する努力を怠らないことです。

この三本柱を実践する健康方法をいろいろな視点からお伝えすることのが本サイト使命です。

では、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

健康ネットサンク     代表ノマー

 

Sponsered Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ