プチ断食デトックス効果、断食効果は3日目から

 

ページ:8です。  ページ:7からの続きです。

 

Sponsered Link

 

【実践】プチ断食/ファスティング      
方法・
やり方 半日タイプ

初心者は期間が短い
「半日ファスティング」からスタートしましょう。

「半日断食」のやり方置き換えダイエット)

半日プチ断食/ファスティングの方法は、

『夕食を摂ってから、18時間、食事を摂らないこと』

 

【朝食置き換えダイエットを酵素ドリンクで】

例えば、

朝食を酵素ドリンクに置き換えた場合

前夜の19時に夕食を食べ、翌日の朝食を抜いて午後13時に昼食を食べると、通算で18時間、ファスティングをした計算になります。

厳密には、

朝食を酵素ドリンクに置き換え、きちんと栄養素を摂取するので、脳へのエネルギー供給不足が問題になりません。

 

【夕食置き換えダイエットを酵素ドリンクで】

例えば、

夕食を酵素ドリンクに置き換えた場合

13時に昼食を食べたとすると、翌朝、普通に朝食を食べるまで、18時間のファスティングとなります。

 

半日ファスティング(置き換えダイエット)は、酵素ドリンクさえ用意すれば、思い立った時に可能です。

 

朝食・昼食の代わりに、酵素ドリンクを飲むだけ。

酵素ドリンクを水で割って薄めて飲んでもいい。

水分は、1日の摂取量とされる1.5~2リットル程度を必ず飲みます。

酵素ドリンクを割って飲んだ水の量は差し引いてください。

昼食・夕食は、いつもより少なめの食事をよく噛んで頂きます。

食事は常によく噛んで食べよう。

 

え? なぜ18時間?

ヒトのカラダは、摂取した食べ物を消化・吸収してから排泄するまでの間に約18時間ほどかかるとされているからです。

食べ物の内容や体調によってはそれ以上の時間がかかることもあります。

 

《ルール》半日タイプ 対応

18時間以上食べないこと。
18時間のプチ断食/ファスティング。

前日の夜の時間を調整したら、寝てる間から昼にかけてプチ断食/ファスティングをする。

朝食抜きがつらい場合は、我慢せずに酵素ドリンクを。 

昼と夜は食べる量を腹八分目の少なめに。

夕食は、なるべく午後9時半以前にとる。

半日プチ断食/ファスティングの準備は、前日の夕食から始まっています。

例えば、

前日の夕食を午後7時に終えたら、18時間以上を経過した昼の午後1時に、昼食を食べると言う時間経過です。

《ルール》全コース共通事項 

食事を抜き、代わりに酵素ドリンクを飲む。

酵素ドリンクは濃縮野菜酵素ジュース。

置き換えダイエットには無添加の酵素ドリンクがおススメです。

固形物は摂取しないで、飲み物だけで過ごす。

飲み物は、酵素ドリンクを水で薄めたものとデトックス茶。

デトックス茶は、ルイボスティーが最高、おススメです。

必ず水を1日の摂取量の1.5~2リットルは最低でも飲みましょう。 

水は温めて白湯にして飲んでも大丈夫です。

水分不足にならないこと。

基本的に専用の酵素ドリンクが良い 。

間食・夜食は食べない。

アルコールは禁止。タバコも禁止。


《ポイント》全コース共通事項

目的は、内臓休息

18時間食事を摂らないでいることで内臓器官に休む時間を与えるので、慢性疲労を改善することができます。

 

●ヒトの体内時計が管理している機能習性は次のようです。

朝・・・消化や排泄の時間
昼・・・食べた物を吸収・消費する時間
夜・・・食べたものを代謝する時間

このように、

●ヒトは生理的に午前中は「排泄」の時間となるようにできている。

排泄の時間帯であるにもかかわらず、朝食をとるから、便秘になりやすいし、排泄が不十分になって宿便がたまり易くなります。

 

宿便(しゅくべん)は、胆汁のこと

便秘により腸内に長く滞留している糞便のことではありません。

専門医が、お尻から直腸検査で内視鏡を入れてもそのような滞留便は、実は見当たりません。

胆汁とはコレステロールを原料に作られる分泌物の事。

胆汁は普段、胆のうに溜められており、油物、肉、魚の脂が腸に入ってきたときに脂質を乳化し、消化・吸収しやすくするために十二指腸から分泌される黒い分泌物です。

つまり、脂質を消化しやすくする分泌物です。

宿便を効率よく排泄するには、3日断食をした後、最初にいただく回復食「梅煮ダイコン」を食べて、「梅煮ダイコン」の食物繊維で腸の宿便を掻き出しましょう。

詳しくはこの後の11ページをご覧ください

12ページ
「回復食は大根がいい、
回復食とは消化にいい食べ物のこと」

消化・排泄の機能が高まることによってカラダの中に溜まっている老廃物が外に出ていくデトックス効果を得ることができます。

朝食を酵素ドリンクに置き換え、きちんと栄養素を摂取した方が、脳へのエネルギー供給不足にならずに済みます。

ヒトのカラダにはブドウ糖が不足すると代わりに脂肪を分解して『ケトン体』をエネルギー源として使い始める機能があります。
ヒトのカラダはブドウ糖がなければケトン体をつくるだけなので、だんだん『ケトン体』をつくりだすことにカラダが慣れてくれば朝食抜きでも空腹は感じなくなります。

 

Sponsered Link

 

次に続きます。下のページ:9をクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ