プチ断食デトックス効果、断食効果は3日目から

 

ページ:7です。  ページ:6からの続きです。

 

 

Sponsered Link

 

【基本情報】プチ断食/ファスティングの
ファスティング 期間
とは?

 

期間の違いで分けると、

半日・1日・3日など複数のコースがあります。

週末だけでのプチ断食3日コースであれば、カラダはスッキリしてダイエットも期待できます。

3日コースは、本物の断食修行に比べればかなりゆるいですが、実際取り組むと、なかなか厳しいものがあります。

 

Sponsered Link

 

まあ。ここは、正攻法で!!

プチ断食半日コース→  1日コース→  2日コース→  3日コース

のステップで身と心をプチ断食/ファスティングに慣らす意味で順番に体得することをオススメします。

 

ご自宅最長プランのプチ断食3日コースでも、週末を使って行うことができます。

例えば、

3日コースは本断食期間が3日間です。

準備期間3日間+本断食3日間+回復期間3日間の全段階の期間は9日間かかります。

準備期間とは、消化器官を断食に慣らすための準備をする期間です。

回復期間とは、断食中に休ませてあげた胃や腸をゆっくり起こしてあげる期間で、4日間は取りたいです。

回復食の摂り方は、リバウンドをなくすためにかなり重要です。

ご自宅でできるプチ断食/ファスティングは断食の期間によって大まかに次の4つのコースがあります。

断食4日以上の取り組みは、難易度が急に上がりますので、専門家のご指導が必要だと考えてください。

 

断食期間の違いによる分別コース

 

プチ断食半日コース   (自宅でできる)
難易度A 空腹期間 18時間以上
準備日 なし
断食 半日18時間(朝食・昼食 2食ヌキ または朝食1食ヌキ )
回復日 なし
回復食 なし

 

プチ断食 1日コース (自宅でできる)
難易度B 空腹期間 24時間以上
準備日 1日
断食 1
日24時間(朝昼夕食 3食ヌキ)
回復日 1日
回復食 3食
全段階の期間は3日間

 

プチ断食 2日コース (自宅でできる)
難易度C 空腹期間 48時間以上
準備日 2日
断食 2日48時間
(朝昼夕食 6食ヌキ)
回復日 2日
回復食 6食
全段階の期間は9日間

 

プチ断食 3日コース (自宅でできる)
難易度D 空腹期間 72時間以上
準備日 3日
断食 3日72時間
(朝昼夕食 9食ヌキ)
回復日 3日
回復食 9食
全段階の期間は11日間

 

断食 4日コース(専門家指導必須・専門施設)
難易度E 空腹期間 96時間以上
準備日~本断食~回復日は専門施設の指示に従う

 

断食 5日以上コース(専門家指導必須・専門施設)
難易度スーパーE 空腹期間 120時間以上
準備日~本断食~回復日は専門施設の指示に従う

 

ファスティングコースの  頻度は?

半日・1日・2日コース → 月に1回

3日コース  3カ月に1回 を目安として行い、

ファスティングの前後には、準備食と回復食を

設けることが必要です。

 

プチ断食/ファスティング 方法 半日
プチ断食/ファスティング 方法 1日
プチ断食/ファスティング 方法 2日
プチ断食/ファスティング 方法 3日

では、順番に説明をします。

さて、いよいよ実践方法です。

 

Sponsered Link

 

次に続きます。下のページ:8をクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ