プチ断食デトックス効果、断食効果は3日目から

 

 

ページ:4です。  ページ:3からの続きです。

 

Sponsered Link

 

【基本情報】プチ断食/ファスティングの   
注意点とは?

 

冒頭での「何とかして体重を減らしたい~痩せたい~」という方の失敗談のように、正しく安全に成功するための主な注意事項は次のものです。

 

1.
準備期間⇒本断食⇒回復期間の段階を
踏んで正しく行うことが大切。

【プチ断食/ファスティングにオススメな飲み物】

理由は次の5ページをお読みください。

 

2.
ヒトは一週間食べなくても
水と塩があれば最低限生きてはいけますが、女性の場合はホルモンバランスが崩れるなど心身に悪影響が出ることもあるため、無理な断食を自己判断で行うのは危険です。

 

3.
低血糖により頭痛を伴うこともあるため注意が必要 。

簡単・確実な「酵素ドリンク断食」をオススメします。

ファスティング酵素ドリンクは安価なものではなく、無添加で中価格以上のドリンクを選ぶと、栄養とカロリーが適切なので失敗しない。

【プチ断食/ファスティングにオススメな飲み物】

これも理由は次の5ページをお読みください。

 

4.
体調の悪い時、生理の時はしない。

またプチ断食中に体調が悪くなったら即中止しましょう。

 

5. (ここが大切です)
正しい方法でやらないとリバウンドも心配です。

「水だけ断食」は筋肉量を減らす結果になり、断食後 基礎代謝も減り、リバウンドする場合がかなり多い。

簡単・確実な「酵素ドリンク断食」をオススメします。

【なぜ、「水だけ断食」はリバウンドするのでしょうか?】

理由は・・・

ヒトのカラダには基礎代謝(きそたいしゃ)と言って・・・・

 

 【プチ断食/ファスティングにオススメな飲み物】

これも理由は 重複するのでまとめています。

次の5ページをお読みください。

 

 

6.
その本来の目的はあくまでも健康なカラダづくりにあります。

ファスティングは断食や絶食する方法ですが、ダイエット効果は健康や美容にも効果が期待できます。

ダイエットのために行われる場合もありますが、痩せるのは結果的なこと。

本来はヨガなどの精神修行や病気の治療として行われてきたものです。

今ではヨガや病気治癒目的ではない人にも、体調管理やストレス解消のために半日から3日程度で手軽に行われるようになりました。

 

 7.
プチ断食/ファスティング中は、当然のように 禁酒・禁煙。

もちろんカフェインも禁止です。

断食中のアルコール摂取は、命を落とした方がいるほど、本当に危険です。

断食中、臓器は食べ物が入ってこなくなったことでとてもに敏感になっています。

九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」

【基本情報】プチ断食/ファスティングの   
目的とは?

 

カラダの大掃除:

食物を体内に入れないことで老廃物をスッキリ排泄させ、血液をサラサラにして動脈硬化の予防にも役立ちます。

 

胃腸の浄化:

普段働きっぱなしの胃腸を休めます。

さらに、

栄養を吸収する十二指腸の腸内環境を整え、善玉菌を増やすことを目指します。

 

デトックス効果や便秘解消、体重減少:

短期間食事を抑えることによって内臓を休ませ、デトックス効果や便秘解消、体重減少を目指すダイエット方法です。

疲弊した消化器官に休息を与え、リセットすることです。

 【基本情報】プチ断食/ファスティングで   
得られる酵素ファスティング効果とは?

 

期待できるのは、ダイエット断食の痩せる減量だけではありません。

 

肌がきれいになる・・・

デトックスで肌が若々しくなります。

 

ダイエットファスティング ・・・

ダイエット断食は確かに食べないことで体重が減りますが、注意してほしいのは「断食後に体重が落ちるのは、軽い脱水で水分が減っているからであり、直後のダイエット効果は意外と少ない。

断食で空腹を体験すると、脳の満腹中枢が満足したと感じるため、食事量が減ります。食事量が減ると、胃が小さくなりやすくなります。

すると過食しにくくなり、長い目で見れば減量につながる訳です。

 

便秘解消・・ ・

腸の中を空っぽにすることで、蠕動運動を促すホルモンなどが分泌され、溜まった便が出やすくなる。

 

心身リフレッシュ・・・

体が軽くなることで心も軽くなります

 

精神力の強化・・・

食事制限をすることで忍耐力が付きます

 

 

内臓を休ませるという事が最大の狙いとなります。

 

プチ断食には新陳代謝を良くする効果、解毒効果、脂肪燃焼効果、便秘解消効果と様々な効果が期待されています。

断食することにより、

食べ物の消化吸収を担う臓器を休ませて回復させることができます。

そして、

各臓器の病気のリスク(大腸がん・痔・肝炎・肝硬変など)のリスクの低減、 さらに、各臓器の機能が活性化されます。

 

プチ断食 効果 体重 ダイエット効果

断食により、当然摂取カロリーが減り、体重が落ちます。

体脂肪も減りますが、重い筋肉の方が落ちやすいので長期間の断食は注意が必要です。

 

プチ断食 効果 肌 美容効果

デトックス(毒素排出)を促し、体内をきれいにすると、体内の臓器が活発に働く⇒新陳代謝が活性化⇒細胞の修復も活発⇒美肌

このようになります。

【基本情報】プチ断食/ファスティング   
しない方がいい人とは?

 

一般的に言って、どなたでもオススメできるものではありません。
以下の方々は、プチ断食/ファスティングをしない方がいい人です。

 

1.
成長期にある(6~14歳)児童は栄養不足は禁物なのでやめましょう。

個人差がありますが、

(15~34歳)青年で成長期が終わった16~18歳の以下の年齢の方も、栄養不足は禁物なのでやめましょう。

 

2.
体格指数(たいかく‐しすう)BMIが18.5未満の「やせ」の人

(以下デジタル大辞泉 引用)
ボディーマス指数。BMI(body mass index)とは、
体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割った数値。

日本肥満学会では、

18.5未満を「やせ」、18.5以上~25.0未満を「ふつう」、25.0以上を「肥満」とし、数値によって肥満Ⅰ度~Ⅳ度に分ける。

日本人は22前後が最も病気にかかりにくいとされる。

 

3.
慢性疾患の方:
糖尿病や高血圧、高脂血症などに代表される持病のある方。

例えば、

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、肝炎、痩せ型の糖尿病、不整脈のある人などは病気が重くなることもあるので決してオススメいたしません。

専門担当医にご確認ください。

 

4.
妊娠中の方:母体・胎児にいい栄養が必要ですのでやめましょう。

 

5.
現在授乳期にあるママさん。

(赤ちゃんともに栄養を必要としている状態なのでやめましょう)

 

6.
生理中・生理前の方:特に生理痛がある場合

あえて厳しい環境に自分を置くことは避けましょう。

 

7.
高齢者:

最近の高齢者はひと昔前に比べて、元気で若々しい。

還暦60歳でもほとんどの方が仕事をしていたりして健康な方が多いです。

各種公的機関が良く使う64歳以下を「現役世代」と言っていますが、あまり無理をさせたくありませんので、「現役世代」までは、プチ断食/ファスティングをオススメします。

よって、個人差があるのですが、

申訳ありませんが高齢者の方々はプチ断食/ファスティングをオススメしません。

ちなみに、

65~74歳を「前期高齢者」、

75歳以上を「後期高齢者」

と各種公的機関では分けています。

 

8.
仕事が忙しかったり、ストレスが多い時

しない方がいいですね。

ストレスが増加するかもしれません。

 

Sponsered Link

 

共通なルールは、水分はよくて、固形物はダメということです。

さあ、いよいよ、次は

この記事に一番大切な

飲み物とは?  5ページ です。

 

次に続きます。下のページ:5をクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ